エントリー

カテゴリー「海軍ゆかりの街・舞鶴へ」の検索結果は以下のとおりです。

23空の舞鶴航空基地を見終えてR27へ戻り

市内を東へと走って府道21号を左折して北上、

引揚記念館へと向かいます。

20130925235542.JPG

舞鶴湾を見下ろす丘の上に建てられた引揚記念館。

中には戦後シベリアに抑留された人達がどのような生活をしていたか

当時の品を展示すると共にその様子を再現されていたり、

引揚の様子も含めて詳細な展示が行われていました。

 

引揚記念館のすぐ北に再現された引揚桟橋。

20130926000250.JPG

戦後、大陸に残っていた人達が大勢ここへ引き揚げてきましたが、

日本へ帰ってめでたしめでたしってことはなく、

帰ってからの生活基盤を築くのも大変だったそうです。

そして有名な岸壁の母の舞台でもありますね。

 

語り部の鐘。

20130926000251.JPG

思いを込めて打たせてもらいました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お盆前から始めた艦隊これくしょん(艦これ)にたいそうハマり、

    任務をこなすのが日課に組み入れられてしまってる今日この頃。(笑)

    この影響もありますが元々ミリタリーオタクのケが強いですし、

    舞鶴にある自衛隊の施設や基地へは行きたいなと思っていたけど、

    残念なことに開放されるのが土日祝だけでその機会を得られずにいました。

    が、今月は23日秋分の日が第4月曜日で定休日なので

    舞鶴にある海上自衛隊舞鶴地方総監部にある海軍記念館と

    海上自衛隊第23航空隊の基地を見学しに行くことにしました。

     

    午前8時半に自宅を出発、

    京都市を南下して五条通(R9)を西へ向かい、

    京都縦貫道(京都丹波道路)を駆け抜けてR27を北上していく。

    京都市と亀岡市を分ける新老ノ坂トンネルを抜けると

    ぐっと涼しくなり薄く霧が残っていて丹波地方との気温差を実感する。

     

    R27道の駅和(なごみ)前にて。

    20130925235537.JPG

    天気はこの上ないほど上々、気持よく山間の快走路を北上し

    京都縦貫道(綾部宮津道路)の京丹波わちICで高速に乗り、

    綾部JCTを経て舞鶴若狭道へと進み舞鶴東ICで高速を降りる。

    ま、京丹波わちICから舞鶴市までは大した距離はないけど

    見学時間を長く取る為に高速を利用したのでした。(^^ゞ

     

    高速を降りて舞鶴市内を道なりに進み、

    白鳥七条交差点を右折海岸沿いに伸びるR27へ向かう。

    20130925235538.JPG

    もうここから海が見える。

    東舞鶴も京都のように「条」の名がつく通りがありますが、

    京都と違って東舞鶴では南北の通りになります。

    港近くへ行くと往時の戦艦の名が付いた通りもありますよ。

     

    R27を左折して西へ。

    あ、舞鶴赤れんがパークだ。

    20130925235539.JPG

    舞鶴を代表するあ観光施設、後で来てみましょう。

     

    午前10時51分、

    海上自衛隊舞鶴地方総監部前に到着。

    20130925235540.JPG

    正門前で停車して海軍記念館見学の意を伝え、

    受付を済ませてから見学証を貰って首にかけ、

    いよいよ海軍記念館へと向かいます。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ移動

    • 前のページ
    • 次のページ
    • ページ
    • 1

    ユーティリティ

    calendar

    032017/0405
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    archive