エントリー

カテゴリー「バイクネタ」の検索結果は以下のとおりです。

数年前から工事が始まっていた

栗尾峠の下を抜ける京北トンネルが昨年末に無事開通したんですが、

雪の心配はもう流石にないだろうと24日にブラっと行ってきました。

 

福王寺交差点で信号停車中。

20140326000154.JPG

福王子神社は小さな神社ですがなかなか趣がありますよ。

 

周山街道を自動車について走って行くと、

昨年までなら栂ノ尾を越えてから白線箇所がチラホラあったのに、

ずっと黄色い線が続いてて、あ~厳しくなったなあと。^^;

20140325231442.JPG

傘トンネルを過ぎて国道を進んでいくと、

周山街道は新しい道へと続いていて京北トンネルの坑口が。

このトンネルは歩道がかなり広く取られていて

相対的に車線が狭く狭いトンネルって印象が強かったです。

 

こちらは京北周山側の坑口。

20140325231443.JPG

旧道との合流部から撮影。

長さは2300m余りだそうでそこそこ長い

ゆるやかにS字をかくトンネルでありました。

旧道の方はすでに車両通行止めの処置がされていますが、

栗尾峠から見下ろす周山の眺めが素晴らしいですし

そこまで自転車や徒歩で上がれる遊歩道が作られるそうですよ。

栗尾峠付近は紅葉も綺麗ですし歩いて登るのはホネだけど

ゆっくり楽しめてむしろいいかもしれませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ここ数年、1月半ばになると見に行っている

    滋賀県守山市にある第1なぎさ公園のカンザキハナナ。

    事前の天気予報では雨の予報だったので諦めてましたが

    どうやら天気は持ちそうなので昨日、行ってきました。

     

    路面凍結の心配がない時間だったので

    今年も山科から西大津バイパス-湖西道路経由で真野へ。

    20140122141702.JPG

    西大津バイパス藤尾南ランプ前。

    名神高速道路京都東ICへ出入りする道も付けられてるから、

    ジャンクションって言ってもいい感じですけどね。

    左側へ行くと西大津バイパス、真っ直ぐの道がR1です。

     

    湖西道路真野ICでR477へ降りて琵琶湖大橋へ向かう。

    20140122141703.JPG

    けど、ICを出てすぐに止まり、使い捨てカイロで指回復w

    雄琴を過ぎた辺りから雪がどっさり増えてきて寒い寒い。

    足元は防寒ブーツで大丈夫だけど指先が痺れてくるんでね~。

    真野ですら日陰に雪がたくさん残ってるぐらいですから

    更に山奥へ分け入った途中峠はバイクでは無理な状況でしょう。

     

    昨年は気合を入れて日の出前に到着し夜明け風景を撮ってましたが、

    今年は到着が午後12時半とおっとり刀もいい状態。^^;

    20140122135432.JPG

    しかもちらほらしか咲いてなかったんですよね~。^^;

    去年は一面が黄色く見える程度には咲いてたんだけど、

    こういうのはその年々の気候にも左右されますからね。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 23空の舞鶴航空基地を見終えてR27へ戻り

    市内を東へと走って府道21号を左折して北上、

    引揚記念館へと向かいます。

    20130925235542.JPG

    舞鶴湾を見下ろす丘の上に建てられた引揚記念館。

    中には戦後シベリアに抑留された人達がどのような生活をしていたか

    当時の品を展示すると共にその様子を再現されていたり、

    引揚の様子も含めて詳細な展示が行われていました。

     

    引揚記念館のすぐ北に再現された引揚桟橋。

    20130926000250.JPG

    戦後、大陸に残っていた人達が大勢ここへ引き揚げてきましたが、

    日本へ帰ってめでたしめでたしってことはなく、

    帰ってからの生活基盤を築くのも大変だったそうです。

    そして有名な岸壁の母の舞台でもありますね。

     

    語り部の鐘。

    20130926000251.JPG

    思いを込めて打たせてもらいました。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お盆前から始めた艦隊これくしょん(艦これ)にたいそうハマり、

    任務をこなすのが日課に組み入れられてしまってる今日この頃。(笑)

    この影響もありますが元々ミリタリーオタクのケが強いですし、

    舞鶴にある自衛隊の施設や基地へは行きたいなと思っていたけど、

    残念なことに開放されるのが土日祝だけでその機会を得られずにいました。

    が、今月は23日秋分の日が第4月曜日で定休日なので

    舞鶴にある海上自衛隊舞鶴地方総監部にある海軍記念館と

    海上自衛隊第23航空隊の基地を見学しに行くことにしました。

     

    午前8時半に自宅を出発、

    京都市を南下して五条通(R9)を西へ向かい、

    京都縦貫道(京都丹波道路)を駆け抜けてR27を北上していく。

    京都市と亀岡市を分ける新老ノ坂トンネルを抜けると

    ぐっと涼しくなり薄く霧が残っていて丹波地方との気温差を実感する。

     

    R27道の駅和(なごみ)前にて。

    20130925235537.JPG

    天気はこの上ないほど上々、気持よく山間の快走路を北上し

    京都縦貫道(綾部宮津道路)の京丹波わちICで高速に乗り、

    綾部JCTを経て舞鶴若狭道へと進み舞鶴東ICで高速を降りる。

    ま、京丹波わちICから舞鶴市までは大した距離はないけど

    見学時間を長く取る為に高速を利用したのでした。(^^ゞ

     

    高速を降りて舞鶴市内を道なりに進み、

    白鳥七条交差点を右折海岸沿いに伸びるR27へ向かう。

    20130925235538.JPG

    もうここから海が見える。

    東舞鶴も京都のように「条」の名がつく通りがありますが、

    京都と違って東舞鶴では南北の通りになります。

    港近くへ行くと往時の戦艦の名が付いた通りもありますよ。

     

    R27を左折して西へ。

    あ、舞鶴赤れんがパークだ。

    20130925235539.JPG

    舞鶴を代表するあ観光施設、後で来てみましょう。

     

    午前10時51分、

    海上自衛隊舞鶴地方総監部前に到着。

    20130925235540.JPG

    正門前で停車して海軍記念館見学の意を伝え、

    受付を済ませてから見学証を貰って首にかけ、

    いよいよ海軍記念館へと向かいます。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昨日の午前中は月一通院で潰れちゃったけど、

    天気が良かったので昼食後ひさしぶりに美山へ行ってました。

     

    栗尾峠からの眺め。

    20130911150850.JPG

    谷に寄り添うよう広がる京北町周山の町並みと悠々と流れる上桂川。

    良い風景なのですが足元のトンネルは完成が間近となり、

    トンネルの供用開始と共に現在の峠道は閉鎖されるでしょうから、

    このお気に入りの風景を気軽に見に来れるのもあと僅かの間かもしれません。

     

    道の駅美山ふれあい広場にも久しぶりに寄り、

    ブルーベリーゼリーなんかを食べてたりしたんですが、

    ここにもたくさん案山子が立っておりました。

    20130911150851.JPG

    あぁ!何かが降臨してる!!(笑)

    嵯峨野のと比べれば素朴な感じのが多かったな。

     

    そしてここはいつでもバイクでいっぱい。

    20130911150852.JPG

    スーパースポーツが多いのも特徴やね。

    しかしいい空だわ。

     

    不動38号を少し走って美山かやぶきの里きたむらへ。

    20130911150853.JPG

    どうかなと思ってたんですが、

    すでに蕎麦の花が咲いていて初秋の風景を見せてくれました。

     

    稲刈りも始まってました。

    20130911150854.JPG

    こうしてはせ掛けや棒掛けをして干される姿も

    稲作の近代化と共に見かけることが少なくなりました。

    こうして天日干しした稲の方が美味しくなると言う話は聞きますが。

     

    可憐な蕎麦の花。

    20130911150855.JPG

    まだまだ咲きかけ、見頃は今週末の三連休ぐらいからでしょう。

     

    川向うの茅場へ行ってみます。

    20130911150856.JPG

    美山川(由良川)はかなり増水してるなぁ。

     

    しかし増水していてもこの透明度です。

    20130911150857.JPG

    良い森をその流域に持っている証拠でもありますね。

     

    茅場からかやぶきの里を望む。

    20130911150858.JPG

    その名の通りこの場所はかやぶき屋根の原料となるススキを栽培している場所ですが、

    「茅場」と言う言葉もまた縁遠いものになってしまいましたね。

     

    秋空に伸びるススキの穂。

    20130911150859.JPG

    まだ開いたばかりでススキらしくなるまでもう少しかかりますね。

     

    人出少ない長閑なかやぶきの里。

    20130911150900.JPG

    土日ともなればえらいことになってるでしょうけど、

    昨日は平日にしても人が少なかったのは

    秋の観光シーズン前だからでしょうね。

     

    山里に秋迫る。

    20130911150901.JPG

    そして予想通りにいつもの場所でコスモスが咲き始めてました。

    秋の訪れが早い山里、

    秋本番の姿をまた今度撮りに行きましょうかね。( ̄ー ̄)

     

    カメラ: Canon EOS 5DMarkII

    レンズ: Canon EF17-40mm F4L USM

             Canon EF70-200mm F2.8L IS USM

             TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 ( Model 272E)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8月17日午前5時40分頃起床。

    外がもう明るい、寝坊ワロタw

    しまったぁ!と思うも後の祭りで

    オレンジ色の朝日が東の空に出ておりました。

    20130821205416.JPG

    本来は橋杭岩から撮る予定だったんだけど…

    まぁご覧の通りのぼんやりした朝日だっただからいいかと、

    早朝の散歩に出かける。

     

    広々とした望楼の芝生キャンプ場。

    20130821205417.JPG

    これだけ沢山のテントを見るのは初めてです。

     

    望楼の芝を西へと歩いて行くと「旭之森」と名付けられた森がありまして、

    少し遊歩道を進むと潮岬灯台がよく見えるポイントに着きます。

    20130821205418.JPG

    断崖に建つ潮岬灯台。

    しゅっとした綺麗な灯台ですねぇ。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • さて、ようやくブログも書く気になってきたので、

    今回の潮岬ツーで撮ってきた写真を出してみましょうか。

    行きの16日はほぼ例年通りというべきか

    R168を南下し十津川を抜けて熊野本宮大社へ向かい、

    そのまま速玉大社、那智山の飛瀧神社を経て潮岬へ向かいます。

    20130820150445.JPG

    正午過ぎに着いたすっかりお馴染みな熊野本宮大社。

    そしてこれまたいつも通りしっかり暑かった。^^;

     

    多数の幟がはためく参道の階段を登り、

    楼門をくぐると…修理中。\(^o^)/

    20130820150446.JPG

    何回も来てればこういう事もあるよねと、

    参拝を済ませて参道を戻り大斎原へ。

     

    そうそう、今回は楼門前でこんなの見ました。

    20130820150447.JPG

    八咫烏のゆるキャラと一緒に写真を撮れたらしくて

    ぴょこぴょこ跳ねてる姿は可愛かったものの、

    この炎天下、中の人の事がちょっと心配になってたり。(^◇^;

     

    大斎原(おおゆのはら)前の田んぼは実りの季節まで後もう少し。

    20130820150448.JPG

    出穂したてって感じの稲もたくさんあったけど、

    それより育って頭を垂れてる稲の方が多かったですね。

     

    熊野速玉大社には午後3時前に到着。

    大斎原をゆっくり歩いてて本宮大社前を出たのが午後2時になり、

    この時点で相当に予定が押しています。^^;;

    20130820150449.JPG

    速玉大社の拝殿、相変わらずここは綺麗ですねぇ。

     

    天然記念物のオガタマノキに見守られる境内。

    20130820150450.JPG

    モクレンの仲間で花は春に咲くそうですが、

    その姿見見てみたいですねぇ。

    ここまで大きくなった木はこの地方では珍しいそうですよ。

     

    午後3時44分に飛瀧神社の参道前駐車場に到着。

    うわああ、午後6時までに潮岬に着けるかと心配になってたり。(笑)

    20130820150451.JPG

    披露神社境内から見る那智の滝。

    予想通りというべきか水量が少なくて前回のような迫力は無し。

    それに右手に重機が入ってますが

    一昨年9月の台風で大きな被害を受け、

    滝下に大量の岩が積み重なっているので

    それの除去工事が依然続いているようです。

     

    飛瀧神社の駐車場を後にしたのが午後4時半。

    なんとか間に合うかとR42を南下していくと

    大きく潮が引いて橋杭岩の足元へ下りられるようだったし、

    橋杭岩着が午後5時過ぎだったので少しだけ寄っていくことに。

    20130820150452.JPG

    完全に引いてあちこちにタイドプール(潮溜まり)ができてる所もあったし、

    ここみたいに薄く広く潮が残ってる所もあって、

    絶好の子供の遊び場になっておりました。

     

    橋杭岩を5時半過ぎに出て急げや急げと潮岬望楼の芝へと走り、

    なんとか受付が閉まる午後6時前の午後5時50分に到着。^^;;

    金曜日ってのもあってか今回はキャンプしてる人が多かったな。

    着いた時はまだ結構晴れてたんだけど、

    テントを設営してる内にどんどん雲が増えてきまして夕景は絶望的な状態へ。

    これはもう仕方ないと設営を終えてからサンゴの湯ヘア背を流しに行き、

    帰りにオークワで食材を買ってキャンプ場で夕食。

    寝る前に少しだけ星空へカメラを向けてましたけど…、

    雲、モヤ、月のトリプルパンチで星空も厳しかった。

    20130820150453.JPG

    何とか撮った夏の大三角。

    ソフトフィルターを外せば月の影響がもう少し減ったかもしれんけど、

    どのみちモヤで月光が拡散されまくってたから無駄だったかもしれん。^^;

     

    静かに更けゆく月夜のキャンプ場。

    20130820150454.JPG

    ま、いい月見にはなったのでよしとプラスに考えて行きましょう。^^;;

     

    続きとなる17日の分はまた別記事で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日から6日間のお盆休みでやれやれなんですけど、

    明日、明後日と早速潮岬の方へ出かけますので

    先日からキャンプ用品等々を調べておりました。

    20130815193937.jpg

    コッヘルとかランタンとかストーブとか色々。

    ガスは今回使う文ぐらいは大丈夫でしょう。

    それにカセットガスだから切れたとしても

    至る所で手に入れることができますからね。

    ユニフレームの一体式ストーブも使い倒してるけども

    出来れば五徳が大きい別体式のが欲しいなぁと使ってみて思うのです。^^;;

     

    そして今回は自炊するのでコイツも持っていきます。

    20130815193940.jpg

    Peek1のデタッチャブルストーブ。

    燃料はホワイトガソリンでとろ火から強火まで

    とても使い勝手のいいストーブです。

    ただ、ポンプユニットを燃料ボトルにつけて運ぶと

    燃料漏れの危険があるのでこの状態で持ち運びます。(^^ゞ

     

    そして今日はレッドバロン京都北でタイヤの空気圧調整と

    ツーリングサービスの申し込みをしてから、

    久しぶりにWILD-1へ行って来ました。

    20130815193941.jpg

    IXY410Fよりスマホ(Galaxy SII WiMAX)の方が発色がいいような…。^^;

     

    自炊するのにやっぱフライパンがないと不便だよねと

    12cmのテフロン加工したやつ(1900円)を買って来ました。

    20130815193938.jpg

    可愛らしいサイズです。

    20130815193939.jpg

    17cmの(2500円)とどっちにしようか迷ったけど、

    Snow peakのチタンクッカーが欲しいし

    それに15cmぐらいの蓋兼フライパンがついてきますから、

    持ち運びしやすい12cmのを買ったのです。

    テフロンはすぐに剥がれてくるかもしれないけど

    剥がれれば剥がれたでガシガシ洗えるんでいいかなと。(^◇^;

     

    そしてキャンプ道具の大物3点。

    20130815193942.jpg

    コールマンのツーリングテントとダウンシュラフにエアータイプのマット。

    30Lの登山用ザックにその他のキャンプ用品共々詰めていきます。

     

    詰め詰め完了。

    20130815193943.jpg

    パンパンですが重さ的には5kgちょいしか無いです。

    コンパクトテーブルとコンパクトチェアも持っていきますが

    それはまた別に入る所へ入れますよ。

    明日はコレをGマジェのタンデムシートに括りつけていくわけですが、

    天気は良さそうですし楽しいツーリング&写真撮影になりそうです♪(*^^)v

     

    ちなみに行きとなる明日のルートは昨年と同じく

    京奈道から奈良盆地を越えてR168を南下し、

    熊野本宮大社、熊野速玉大社、

    そして今年は那智山の飛瀧神社を経て潮岬へ向かいます。

    飛瀧神社へ行ってるとおそらく熊野那智大社は時間的に無理でしょう。

    あそこの階段を登るのも大変ですし。(^^ゞ

    写真的には今までA09Eやカラスコ20mmで撮ってきた所を

    EF17-40mm F4L USMで撮り直しってのがメインになりますが、

    潮岬の夜空は期待できるし再び橋杭岩からの日の出も狙いますので

    もう今から楽しみで仕方ないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • と言うわけで、一昨日行って来たヒマワリ撮影の時に

    道端で撮った写真などをミニツーレポ的に紹介して行きましょうか。

     

    時間を見るとゾッとするね。(笑)

    20130725000626.JPG

    AM3:36。

    写真愛好家の朝は早いとは言えこの時間から動き出すのは、

    何か相当なものに突き動かされてるんじゃなかろうかと思う今日この頃。^^;

    そして給油した時に0にした方のトリップを0にしてしまったのは

    やっぱりこう言う時間ゆえかと。^^;;

     

    R367・鯖街道の大原を過ぎた辺りにて。

    ハイビーム点灯中、Gマジェのヘッドライトは明くて頼りになります。

    20130725000627.JPG

    先に見えてますがわりとしっかり照明してる道で

    そう不安を感じずに走れる道ではあるんですが、

    この時間は殆ど車が走ってないので不気味は不気味。

    ま、むしろ後ろから車が来るとコワかったりするけどね。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

     

    途中峠を過ぎて真野へと降りて行くとお月様が見えた。

    20130725000628.JPG

    ブレブレ写真スマソ…。(ノ∀`)タハー

    ちょうどこの時間がこの月に最も丸く見える時間帯で、

    雲越しに見える満月がとても綺麗でした。

     

    自宅を出てから40分ほどで琵琶湖大橋に到着。

    20130725000629.JPG

    夜は琵琶湖大橋の照明が描くラインがとても綺麗なのです。

     

    ひゃっふう!ダーレも走ってな~い♪(゚∀゚)

    20130725000630.JPG

    この写真ではわかりませんが東の空が白々と明け始めていましたよ。

     

    真夜中は中央だけ青信号の琵琶湖大橋のゲート。

    20130725000631.JPG

    通り抜けてから振り返ってパチリ。

    あ、月様写ってた♪

    真夜中に詰めてる係員さんは大変ですね、

    本当にありがたい事です。

     

    第1なぎさ公園でヒマワリを撮り終えて、

    そろそろ行こうかという午前7時頃。

    20130725000632.JPG

    この写真だけ5D2で。

    マイGマジェに咲き誇るヒマワリ、そして霞の向こうに

    雲が晴れてきた比良山地と夏らしい一枚が撮れました♪

     

    帰りに寄った道の駅びわ湖大橋米プラザで。

    20130725000633.JPG

    琵琶湖大橋を絡めて出入り口はロータリーになってるんだけど、

    道の駅内の道路が国道になってるのは知らんかった。

    悪名高き酷道R477ですな。(・д・)

     

    道の駅の西側には放置された観覧車が。

    20130725000634.JPG

    かつてこの場所に存在したびわ湖タワーと言う観光施設のイーゴス108。

    何度か乗ったことがあるんですが特に夜景が綺麗でね、

    こうして錆にまみれて腐らせていくのはもったいないなぁ。

     

    広々とした道の駅びわ湖大橋米プラザ。

    20130725000635.JPG

    建物も大きくて美味しいレストランもありますし、

    場所的にライダーも大勢寄る道の駅の一つですね。

     

    午前8時半頃に道の駅を発ち、

    行きと同じ途中峠越えの道を京都へ向け戻ります。

    20130725000636.JPG

    久しぶりな湖西道路の真野IC。

    北へ行く時は短縮ルートになる県道を通って

    一つ北の和邇ICで湖西道路に乗るようになったから、

    こう言う時でもないと真野IC口は通らなくなりました。

    ここから湖西道路に乗り西大津バイパスを経て山科へってルートも

    走らないわけじゃないけど、途中峠が雪で走れなくなる冬限定ルートですね。

     

    真野IC口から少し進んだ所でパチリ。

    どこの田んぼも稲がすくすく育って綺麗でした。

    20130725000637.JPG

    出穂している田んぼもチラホラと見かけましたし、

    いよいよ田んぼも夏の姿へと変わってきていますね。

     

    午前9時半過ぎに無事自宅へ到着。

    20130725000638.JPG

    この日の走行距離は90kmでひとっ走りって感じですね。

    でも、山道あり爽快な琵琶湖大橋やさざなみ街道(湖岸道路)ありと、

    短距離でも十分に楽しめるルートですよ。

     

    総走行距離は49400kmを越えて5万kmまであと600km足らず。

    来月はまた熊野三山と潮岬の方へ行って来たいなと思ってるんですが、

    行ければその帰りに5万kmを突破しそうです。

    ただ最近はガソリンが恐ろしい値段をしてるから困るねぇ。

    ちなみに今入ってるガソリンは7月2日に

    養老の滝へ行って帰ってからその週の内に入れたもの。

    丁度エジプト情勢が危うくなっててNY原油先物の価格が

    1バレル100ドルを突破したってニュースを見て、

    これは来週から価格が上がる!と入れてきたのでした。^^;;

     

    で、それから遠出もしてないからまだそのままたっぷり入ってたんですが、

    23日の時点で107ドル台と原油価格はそう簡単に下がりそうもない気配だから、

    この夏はツーリングに出るのもちょっと大変かもね。

     

    カメラ: Canon IXY 410F

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 信州へツーリングに行く時などは名神高速上りの養老SAで止まって

    朝食を食べるのが定番になってますが、

    そういえば有名な養老の滝は行ったことがないよなと

    今回、見にいくことにしました。

     

    午前7時17分に自宅を出て、

    関ヶ原まで名神高速に乗り下道へ降りて県道を走り

    狭くて荒れ気味の山道を走ること暫しで到着。

    20130704000419.JPG

    落差32mの直瀑で梅雨時期ということもあってか

    水量が豊富でとても見応えのある滝でした。

    その昔、親孝行の息子が老いた親に水を飲ませたいと

    この滝の水を瓢箪で救った所、

    中身が酒になったと言う養老孝子伝説が有名で、

    それが故に老いを養う滝、養老の滝と呼ばれるようになったそうですね。

     

    滝の足元を流れる清流。

    20130704001422.JPG

    水がとても透き通っていて綺麗で余計に美しく感じた渓谷美です。

    シャッター速度を1秒以上にしてまるで雲のようにするのも綺麗だけど、

    水の流れを表現するなら1/4秒ぐらいが最もらしく見えますね。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ移動

    • ページ
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5

    ユーティリティ

    calendar

    042017/0506
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    archive