エントリー

カテゴリー「バードウォッチング」の検索結果は以下のとおりです。

ツイートしてた通り今日は早起きしまして、

広沢池&嵯峨野の方へと野鳥観察しに行ってました。

20130527234344.JPG

水鏡に愛宕山が映る。

曇ってるのが残念だけど田植え時期にふさわしい天気でもあるかな。

 

頭上を飛びゆくダイサギ。

20130527234345.JPG

ちくしょう、ちょっと切れた。

バシッとかっこ良く収めるのは難しいね~。^^;;

 

次々と田植えは進む。

20130527234346.JPG

稲が伸びるのはあっという間ですから、

また近々様子を見に来たいですね。

 

田んぼに白鷺は定番やね。

20130527234347.JPG

これはチュウサギ、口角が目の後ろまで行ってるかどうかが

ダイサギとの一番の見分けポイントだけど、

首の長さや頭の大きさに比してくちばしの長さも違うから

慣れてくると見分けがつきやすくなりますね。

でも、パッと分からない時が多い私です。(^◇^;

 

スクーターに乗って鳥見してたおっちゃんの話では

アマサギも4羽いたって話だけど、

もうオレンジ色の夏羽に変わってるんでしょうかね~?

シルエットやくちばしの色でもコサギとの区別はつくけど

アマサギは冬羽は真っ白になっちゃいますからね。

 

水田に舞い降りるケリ。

20130527234348.JPG

相変わらず翼と尾羽根の白いのがよく目立って綺麗。

これは一羽だけで動いてましたが2,3羽で動いてるのが多くて

もう子育てを始めてるのかな?

 

来んなと怒るチュウサギ、逃げるコサギ。

20130527234349.JPG

コサギに近くに来られると苛つくのか追っ払ってましたが、

なぜか追っ払われてもコサギが近づくんで

その度に追い回していたチュウサギさんでした。

コサギの逃げっぷりが可愛らしかった。(笑)

 

到着直後に撮った朝日煌めく広沢池。

20130528000004.JPG

葦が伸びて緑が戻り、

渡ってきたオオヨシキリがあちこちでさえずってましたし、

カイツブリのさえずりも辺りに響き渡ってました。

今朝はとにかく風が強くてオオヨシキリも茂みから出てこれなかったようですし、

また今度、穏やかな日にでも見に行ってこようと思います。

 

アルバムはこちらです。

https://picasaweb.google.com/102080951604983785022/5?authuser=0&feat=directlink

 

カメラ: Canon EOS 5DMarkII

レンズ: Canon EF70-200mm F2.8L IS USM

          Canon EXTENDER EF 2×II

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は動こうって気にあまりなれなくて

    どうしようかと思いつつウダウダしてたんですが、

    せっかくいい天気だしこの季節は京都御苑へ

    あまり行ったことがないので、

    ちょこっと撮りに行こうかと自転車に乗って出かけました。

     

    京都御苑に着いたら11時前、

    KBS京都前の蛤御門から御苑内に入って

    そのまま梅林がある南へ向かう。

    20130521234915.JPG

    足元が草原と化していた梅林、

    緑に包まれて初夏らしい風景です。

     

    美味しそうなの見っけ♪

    20130521234916.JPG

    桜の実を次々に食べていたスズメたち。

     

    出水の小川で咲いていた黄色いカキツバタ。

    20130521234917.JPG

    黄色いのもまた緑の葉に映えて綺麗ですよね。

     

    ここ良さそう?と相談してるかのようなシジュウカラ2羽。

    20130521234918.JPG

    巣材運びはしてませんでしたが、

    もうスができているのかもしれませんね。

    母と子の森にある巣箱です。

     

    母と子の森で咲いていた花。

    20130521234919.JPG

    これはなんの花だろう?

     

    足元にも小さな草花がたくさん。

    20130522000628.JPG

    紫色のはスミレかな?

    いっぱい咲いていて綺麗でしたよ。

     

    ぼさぼさシジュウカラw

    20130521234920.JPG

    久しぶりのバードバスで。

     

    ようやく撮れた青紅葉の中のコゲラ。

    20130521234921.JPG

    鳴き声は聞こえてたんですけどなかなか見つけられなくてね、

    そしてこの写真を撮った所でバッテリーが終了。

    更に予備バッテリーが充電されてなかったという。(笑)

    気が入ってない時はこんなもんですが

    そこそこ季節らしい写真も撮れたし時間も午後3時前と良い感じだったので、

    今日はこれで引き上げて来ました。(^^ゞ

     

    アオバズクが来てるのかどうかは分からなかったけど、

    また今度、活動を始める夕方に行ってこようかな。

    アルバムはこちらです。

    https://picasaweb.google.com/102080951604983785022/DYlsCK?authuser=0&feat=directlink

     

    カメラ: Canon EOS 5DMarkII

    レンズ: Canon EF70-200mm F2.8L IS USM

              Canon EXTENDER EF 2× II

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日の午前中はよく晴れてましたが

    昼を回ると急に雲が広がってきて、

    暖かくはなったもののどうしようかなぁと思いましたが、

    広沢池へ行けばなんなと撮るものはあるでしょうってことで

    午後2時過ぎに自宅を出て向かいました。^^;

    20130226233441.JPG

    まだ春早い嵯峨野。

    田起こしは徐々に始まっていましたが

    春らしさが出てくるまでもうあと少しかな?

     

    しかし早春に咲く野花は咲き始めてます。

    20130226233442.JPG

    オオイヌノフグリってとても小さな花なんですが

    まだ花が少ないこの季節は

    爽やかな空色の花がよく目立ちます。

     

    道標のある所から広沢池方面を望む。

    20130226233443.JPG

    嵯峨野の田んぼの向こうに水を湛え始めた広沢池、

    更に先には市街地の街並みと背景に東山の山並みがうっすらと。

    左側の木々で群れてるのはカワラヒワなようです。

    今日は田んぼに降りて餌をついばんでるのをよく見ましたよ。

     

    たんぽぽもチラホラと。

    20130226233444.JPG

    たんぽぽが咲き始めると一気に春って気がしてくるな~♪

     

    椿もまだまだ綺麗です。

    20130226233445.JPG

    椿も早春の花、楽しむなら今の内ですね。

     

    もちろん野鳥も色々と撮りました。(^^ゞ

    20130226233446.JPG

    田んぼで餌をついばんでたケリ、

    案外と撮るのは始めてだったりします。

    こうしてると地味な野鳥なんですが、

    飛ぶと一転、次列風切から三列風切や尾羽根が白いので

    飛んでるとよく目立つ鳥です。

    そして「ケリケリッ」と鳴きながら飛ぶので見間違わない。(笑)

     

    群れでいたカシラダカ。

    20130226233447.JPG

    カシラダカもここで撮るのは初めてだったりするんですが、

    冬鳥なので日本にいるのはもう暫くの間でしょうか。

    頭がモッコリしてて可愛い♪

    夏場の渡り先は大陸の高緯度地方だそうですので、

    行き先はコハクチョウと似たような所なのかな?

    無事に渡って子供を育て、

    次の冬にまた元気な姿を見せてくれるといいなぁ。

     

    葦をしきりについばんでいたエナガ。

    20130227001635.JPG

    ほら凄いやろ?と自慢するかのようにこちらを向くし。(笑)

    葦の中にいる虫でも食べてるんでしょうけど

    ホントにもうちょこまかと動きまわって忙しないです。

    そしてパッと飛んだかと思ったら1mほど先の

    木の枝にちょこんと止まったりして、

    近すぎてピント合わね~と困らせてくれた子でした。(^◇^;

     

    水が入れられた広沢池に佇むアオサギ。

    20130226233449.JPG

    アオサギはなんか気品を感じるなぁ。

    飾り羽がボチボチと伸び始める季節ですね。

     

    まぁざっとこんな所かな。

    野鳥の数が多くて楽しめましたし

    たった3時間足らずでしたが楽しんでこれました。^^

    アルバム用の写真は全て仕上がってますが

    もう今日は遅いのでまた後日ということで。(^^ゞ

     

    そして、2月の頭から今日までの間、

    5D2で撮影した枚数が1091枚となりまして、

    月間1000枚は撮るというノルマも達成して帰ってきました。

    うん、撮ってないようで案外と撮ってるもんだ。(笑)

     

    カメラ: Canon EOS 5DMarkII

    レンズ: Canon EF17-40mm F4L USM

          Canon EF70-200mm F2.8L IS USM

              Canon EXTENDER EF 2× II     

     

    追記。

    アルバムをアップしました。

    https://picasaweb.google.com/102080951604983785022/AYVPyF?authuser=0&feat=directlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイッターの方でわあわあつぶやいてましたが、

    今日は夜明け前に起きて毎年行ってる湖北へ行って来ました。

     

    京都駅発午前6時29分の長浜行き普通電車に乗り、

    長浜駅で近江塩津行きの普通電車に乗り換え、

    午前8時前に虎姫駅で下車。

    いつもならもう一つ先の河毛駅まで乗って

    こはくちょうバスで野鳥センターへってのがパターンですが、

    今回は先ず早崎内湖で撮るのが目的なのでより近い虎姫駅で。

    20130213001800.JPG

    跨線橋を登って行くと彼方には冠雪した伊吹山が。

    冬場は雲に覆われてることも多いんですが

    今日は天気が良くて美しいその山容を終始見せてくれてました。^^

     

    虎姫駅からはタクシーに乗り早崎内湖へ向かったのですが、

    タクシーの運ちゃんもコハクチョウ目当ての客をよく乗せるのか

    色々と会話しながら8時半前に早崎内湖に到着。

    この時間ならまだねぐらである早崎内湖にいるだろうと踏んでたのですが

    広い早崎内湖一帯に数百羽単位のコハクチョウがいまして、

    観察しながら早崎内湖東側の撮影位置へとてくてく歩く。

     

    最も北に位置する内湖でカメラを構えると

    次々と餌場へ向けてコハクチョウが飛び立っていく。

    20130213001801.JPG

    20130213003529.JPG

    コハクチョウは家族単位で行動する野鳥ですが

    ここは時には数十羽の群れで飛び立っていくので大迫力、

    しかも今日は天気がいいから青空バックの写真もようやく撮れました♪

     

    更に今日はよりダイナミックな表現を目指して

    スロー目のシャッターで流し撮りにも挑戦。

    20130213001802.JPG

    20130213003528.JPG

    今回は1/100秒まで下げてみましたが、

    もっとハッキリした効果を得るには更に1/60秒以下にしたいなぁ。

    ただそこまで下げると歩留まりが極端に悪くなってくるんだけど…、

    そこらへんは精進あるのみ?(^◇^;

     

    午前10時前まで早崎内湖で撮影を続け、

    目の前の内湖からコハクチョウが全て飛び立ったのを見届けて

    オオワシが棲まう山本山へと歩いて行きました。

    距離は4km余り、

    撮り歩いてたおかげで1時間半程かかりましたが、

    途中でカワラヒワやカシラダカを見る事ができましたし、

    なによりヒバリが上空高く舞い上がってさえずっていたりして

    一瞬、今が2月中旬であるって事を忘れそうなぐらい

    雪が少なく朗らかな湖北の大地でした。

    20130213005124.JPG

    カワラヒワ

     

    20130213005125.JPG

    カシダダカ

     

    オオワシの撮影ポイントに着くと正午前、

    すでに大勢のカメラマンが大砲をオオワシに向けておりまして、

    私も三脚を立ててささやかなレンズをオオワシに向けることとします。^^;

    20130213001803.JPG

    いつもの松の上で悠然と外界を睥睨する女王様。

    かなりのお年だって話ですが、

    先日はオオヒシクイを追っかけまわしていたそうで、

    まだまだ元気そうな湖北の女王様です。

     

    昨年は雪で数時間待っても背中しか見せてくれなかっただけに

    お顔を見れただけでも大満足なのですが、

    周りにいたおっちゃん達と「飛ばんなぁ」とか喋ってると

    トビがオオワシにちょっかいを掛けまして飛び出すオオワシ!

    20130213001804.JPG

    うおお!と、ファインダーを覗く前にとりあえずシャッターを切り、

    自由雲台のロックレバーを解いて飛び出したオオワシを追っかける!

    20130213001805.JPG

    露出補正までは手が回らず山に合わせてアンダー目なまま撮ったから、

    ドアンダーな写真を無理矢理持ち上げてて画質荒れててスマソ。(つд`;) 

    このまま琵琶湖へと飛んでいくかと思ったら

    くるりと方向転換してさっき止まっていた松より

    少し奥目の松にとまりました。

    20130213001806.JPG

    くちばしも凄いんですが何よりも大きな鈎爪がある足が凄いです。

    この足で魚やオオバンなどの野鳥を捕らえて食べるのです。

     

    1時前まで見てたんですがさっぱり飛び出す気配がなく、

    これはもうダメだなと三脚を片付け、

    どれ、最後に手持ちで撮ろうかとレンズを向けた瞬間、

    おもむろにバサバサと翼をはためかせて飛び立つオオワシ。

    20130213001807.JPG

    北の方へスイ~っと飛んでいったので

    尾上漁港沖の給水塔にでもとまって狩りをするつもりなんでしょう。

    レンズを向けた途端に飛び始めたから大ラッキーだったのですが、

    やっぱりオオワシを相手にするにはもっと長くて明るいレンズが欲しいですね。(^^ゞ

     

    オオワシの飛び立ちも撮れたしこれで満足と

    道の駅湖北みずどりステーションへ移動してたこ焼きを食べ、

    予約したデマンドバスに乗って午後2時には河毛駅へ。

    河毛駅発午後2時21分発の姫路行き新快速に乗ると

    そのまま寝こけて気づいたら守山駅。

    午後4時前に今にも雨が降ってきそうな京都へ戻り、

    少しヨドバシカメラに寄ってから最寄り停留所までバスに乗り、

    雨が降り出す直前の午後5時前に自宅へ戻ってこれました。

     

    早起きしてそこそこ歩いてと疲れましたが、

    天気にも恵まれて行った甲斐があった今日の湖北行きです。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ここ暫くはやたらと寒くなるわ雪がふるわ雨がふるわで

    もうそろそろ晴れ間をちょうだい!って気分だったのですが、

    今日は朝から気持ちのいい青空が広がっておりました。(^o^)

     

    で、仕入れのついでにぐるりとバイクで回ってくることに。

    20130131184159.jpg

    今出川通に掛かる賀茂大橋の上から。

    やはりこの辺りから見る比叡山はかっこ良いねぇ。

    ま、この間の火曜日にも来たばっかりなんですけど

    写真を撮りに来る時は出来ればこんな天気の時にしたいです。^^;

     

    川端通を北上して糺の森入り口へ。

    20130131184200.jpg

    冬は殆ど来た事がないのですが

    落葉樹が多いだけにとても明るい雰囲気になってました。

    うん、春になる前にここにも写真を撮りに来ようか。

     

    昼の営業時間を終わらせて、

    この暖かさなら花の数が増えているかもと、

    今日は自転車に乗って北野天満宮へ。

    20130131184203.JPG

    東門の近くにある枝ぶりが面白い白梅。

     

    開花待つ三光門。

    20130131184204.JPG

    ここのは全て白梅で先揃えばそれは見事に。

     

    梅苑はまだ全く。

    20130131184205.JPG

    花を咲かせてる木は見える範囲では全くなくて、

    2月も今月のように寒ければ見頃は3月にずれ込むかも。

     

     ほころぶ白梅。

     20130131184206.JPG

     今日の暖かさを感じてか一度見てからぐるりと回り

    20分ほどしてからもう一度見に来ると、

    さっきは咲いていなかった花が咲いてたり。(^◇^;

    本当に待ちに待った暖かさなんでしょうね。

    20130131184207.JPG

     待ち望んだ日。

    20130131184208.JPG

    梅の香りに誘われて早速ミツバチが蜜を集めに来てました。

    このハチは野生のニホンミツバチかな?

     

    しかし日陰の木はまだまだ蕾が固く。

    20130131184209.JPG

    春を夢見て眠る白梅。

     

    さぁ帰ろうかと境内を歩いていると

    朱塗りの地主社の近くでエナガのさえずりが聞こえた。

    おお、わりと近くにいるわどこだどこだと

    立ち止まって耳を澄ませていると、

    目の前の樹の葉がガサガサと動いてエナガ登場。

    20130131184210.JPG

    くそぅ、上の葉っぱにピントが行ったか…。( ̄へ ̄)

    全長約14cm、体重約8gと全長だけ見ればスズメとそれほどかわらないけど、

    全長の半分ぐらいが尾羽根で出来てそうなとっても小さな小鳥さん。

    これを観てるとスズメって大きいねって言いたくなってくるぐらいで、

    日本にいる野鳥の中では2番目に小さい野鳥です。

    ジルルルって言う結構野太く響く鳴き方もするけど

    非常に甲高い鈴を転がしたようなさえずり方もします。

     

    ちなみに日本にいる最も小さな野鳥はキクイタダキと言いまして、

    全長10cm体重5gと見つけること自体が非常に困難そうです。^^;;

    でも、このエナガの群れに混じってることもあるようですよ。

    20130131184211.JPG

    でも、お尻写真はゲット~!(笑)

    しっかしトリミングしてもまだ小さいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 朝から小雪が舞うやったらと寒かった今日。

    空模様を見ながらどうしようかと思ってましたが、

    久しぶりに京都御苑へ行ってみようかと

    昼前から出かけておりました。

     

    北西にある乾御門から京都御苑へ入り

    木々に囲まれた公園を歩いて行くと、

    近寄っても逃げないシジュウカラが。

    20130129010010.JPG

    早速お尻写真を激写!(笑)

    いやね、Google+に”鳥尻萌え”って言うコミュがありましてね、

    実に可愛らしい鳥尻写真が並んでいるんですが、早速それ用にと。

    20130129010011.JPG

    チャ~ンス!とバシバシ撮ってると「尻ばっか撮るな~!」とばかりに

    こちらをキッと睨むように向き直ったシジュウカラなのでした。(^◇^;

     

    今日はシロハラをたくさん見たな~。

    20130129010012.JPG

    一生懸命に葉っぱを裏返してるのがいると思うとシロハラ。

    あちらにシロハラ、こちらにもシロハラ、そんな感じ。

    トラツグミどころか普通のツグミもおらんかったよ。^^;

     

    ゆっくり撮り歩きながら北東角近くのバードバスまでやって来ました。

    20130129010013.JPG

    早速お出まし、アオジさん。

    地面に落ちてる種を拾っては食べておりました。

    アオジもたくさんいる上に結構近づいてくるんで撮りやすく、

    行動も観察しやすいです。

     

    ヒガラは久しぶりに見たな~。

    20130129010015.JPG

    シジュウカラなら我が家の周りでも普通に見るけど、

    ヒガラはこう言う場所へ来ないと見ませんね。

    シジュウカラよりひと回り小さくて、

    甲高い可愛らしい声でさえずりますよ。

     

    そして出てきたルリビタキのお嬢さん。

    20130129010014.JPG

    バードバス周辺に来るルリビタキやジョウビタキは

    すっかり人慣れしてるようで、

    じっとしてればかなり近くまで寄ってきます。

    で、彼氏を連れてきてよ~と頼みましたが

    シングルなのかもったいぶってるのか

    連れてきてくれなかったよ。(笑)

     

    お腹も減ってきたしマクドで昼食して鴨川へ行こうかと

    カメラを片付けてバードバスを後にしたのですが、

    歩き始めた所で数m先にエナガがパサパサ舞い降りてきた!

    うっわ、こんな至近距離で見るのは初めてや!

    かわええ~、出来れば撮りたい!

    と、大慌てでザックを下ろしてカメラの用意をしたけど、

    当然、待ってくれるエナガではなく撮り逃した…。

    ちっくしょう~!ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ

     

    もう悔しすぎて今夜はきっとエナガが夢に出てくるわ…。(T-T)

    あれやね、バードバスエリアを離れるまでは

    カメラを片付けるなってことやね。(つд`;) 

     

    賀茂大橋から賀茂川へ移動してユリカモメを撮影。

    20130129010016.JPG

    冬の鴨川の風物詩ですが

    飛んでる所をカッコよく綺麗に撮るのは相変わらず難しい。

    ユリカモメを撮ってたらもう午後3時を回っていて、

    一旦自宅へ戻ってみると空はまた一面の雪雲に。

     

    暁魅の世話をしながら様子を見てると、

    午後4時を回ってからようやく晴れてきたので

    バイクに乗って広沢池へ夕焼けを撮りに行って来ました。

    20130129010017.JPG

    金色の夕景。

     

    20130129010018.JPG

    透き通る冬の夕べ。

     

    20130129010019.JPG

    バイバイ太陽、また明日。

     

    今日は雲が多めだったけどそれほど焼けることもなく

    冬場らしい透明感ある夕景だったなぁ。

    そして年末に水を抜かれる広沢池は未だそのままで湿地と化し、

    餌をついばむ野鳥たちの楽園となってました。

     

    シギやセキレイもいましたがとにかくケリが多くって

    今度また水が張られる前に撮りに来ることにしましょう。

    幸い広沢池はバイクで行けばあっと言う間ですからね。( ̄ー ̄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22日の月曜日、天気が良かったのでコハクチョウの飛来数が増えている

    湖北へ行ってみようかと午前9時過ぎに自宅を出発。

    ホントはもっと早く出るつもりだったけど起きれなかったのだ。(笑)

     

    ちょうど1時間ほどの距離にある道の駅藤樹の里あどがわで一服し、

    午前11時半過ぎに木ノ本を抜けて湖北に入る。

    湖西周りだと丁度100kmで2時間の距離、

    高速込みの湖東周りより10km以上短くて有料道路なしと

    雪がない時期は湖西を走るに限ります。

    湖西はもうバイパス整備が凄まじい勢いで進んでますからね。

     

    着いてみると野田沼の近くの琵琶湖岸に十数羽のコハクチョウがいて、

    でっかい白レンズを付けたカメラを構えてる人が数人。

    すぐに止まろうかと思ったけど早崎ビオトープも気になるので

    道の駅湖北みずどりステーションを通りすぎて早崎へ。

    でも、カモしかいなかったのですぐに取って返し

    野田沼に隣接する公園の駐車場にGマジェを停めて、

    私も三脚を立てて白レンズ群の仲間入り。

    でもエクステンダー付きでも70-200はちっちぇーよ。^^;

    隣はロクヨンとかサンニッパとかそんなんです。^^;;

    20121025004948.JPG

    こんな感じで沖合10m前後の所に列をなして食事していたコハクチョウ。

    20121025004949.JPG

    ちゃぷちゃぷ泳いでは逆立ちして水草を食べる、見てて可愛い。^^

    周囲にいる茶色っぽいカモはヒドリガモなようで

    オスがエクリプスと言われるメスに似た地味な羽色から

    目立つ冬羽へと変化している最中でした。

    20121025004950.JPG

    公園の木々も秋色へと変わっておりました。

     

    小1時間ほどコハクチョウを双眼鏡で眺めたり撮ったりしてから

    湖北みずどりステーションへ移動して昼食の後、

    いわゆるセンター前と言われる場所で鳥見開始。

    オオヒシクイが渡ってきてるはずだけど

    よくいる木が茂ってる小島にはいないし湖面にもおらず、

    どこにいるんだろうと探してたら少し沖に離れた砂州で休んでました。

    20121025004951.JPG

    突然、多くのカモが飛び立って何事かと腰を上げたオオヒシクイ。

    でもまたすぐに寝ちゃいましたけどね。

    20121025004952.JPG

    違う場所から。

    夕方前まで見ていても特に動く気配はなく殆ど寝ていて、

    エサのヒシを食べてる所はまた今度だなと午後3時過ぎに鳥見終了。

    日の入りを待っても良かったけど雲がどんどん増えてたし、

    疲れもあったんで早めに帰りたいと。(^^ゞ

     

    湖北の風景、陸上編。

    20121025004954.JPG

    刈り取られた田んぼの先にオオワシが渡ってくるおなじみの山本山、

    画面中央遠くに日本百名山の一つである伊吹山が堂々と聳え、

    湖北は陸側の風景もいいなぁとしみじみ。

    次来る時は伊吹山が白くなってるかな?

     

    湖北の風景、琵琶湖編。

    20121025004953.JPG

    中央に竹生島、右手に葛籠尾崎とそれを囲む広大な琵琶湖。

    この風景を見るとなんか帰ってきたって気がする今日この頃です。

     

    そして湖北は夕焼けの名所。

    特に晩秋から冬にかけては素晴らしい夕焼けが見られるので、

    それもまた撮りに来ましょうかね。

    20121025013649.JPG

    うろこ雲のモコモコ感も凄かった。 

     

    午後3時半過ぎに湖北みずどりステーションを出て

    同じように藤樹の里あどがわで仮眠込のゆっくり目の休憩、

    起きてから道の駅併設のサンクスで肉まんを買って

    体を暖めつつエネルギー補給、

    午後6時半に無事自宅へと戻って来ました。

    走行距離は220km足らずだったっけな?

    前週に236kmとか走ってますからもう十分に走りすぎ、

    リヤタイヤのスリップサインも出ようってもんです。^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今朝も相変わらず寒くて愛宕山は季節外れに白いし、

    いつまでたっても風も強いんでどうしようかと悩みましたが、

    天気もぼちぼちだし出ないと勿体無い気がして京都御苑の梅林へ行って来ました。

    自転車漕ぐこと10分余りで京都御苑に到着、

    砂利道を進んで南西部にある梅林へと向かいます。

    20120326223535.JPG

    満開を少し過ぎていましたが傷んだ花も少なく

    ふんわりと甘い香りも漂っていてまだまだ見頃。

    梅林内に柵が無いので北野天満宮梅苑とは雰囲気が異なります。

     

    北野天満宮梅苑も様々な種類の梅が植えられてますが、

    京都御苑梅林も紅梅に八重一重といろんな梅の花が楽しめます。

    20120326223536.JPG

    八重の紅梅は見応えありますね。

     

    梅林の北に隣接する桃林。

    20120326223541.JPG

    こちらはつぼみ膨らむな状態で

    この寒さでは見頃は4月に入ってからかな?

     

    梅といえば…。

    20120326223537.JPG

    メジロ、ウグイスじゃありません。(^◇^;

    先日行った北野天満宮梅苑では殆ど見かけなかったけど

    ここでは蜜を吸いに盛んに飛び交っておりました。

     

    黒木の梅。

    20120326223538.JPG

    左手奥に見えるのは建礼門で

    その前から始まる大通り沿いに黒木の梅があります。

    九条家と縁がある梅なのですが

    この黒木の梅越しに建礼門を見通す風景は

    京都御苑の名景の一つでしょうね。

    それにしてもよく咲いていて綺麗でした。

     

    京都御苑といえばバードバスは外せない。

    20120326223539.JPG

    チェッチェッと鳴きながら茂みから茂みへ

    飛び交ってるのがいたんですが何とか撮れた一枚、

    どうやらウグイスのようです。

    初ゲットです。( ̄ー ̄)v

    日本三鳴鳥(ウグイス、コマドリ、オオルリ)の一つに数えられ

    ホーホケキョのさえずりで有名ですが、

    とても地味な上に殆ど茂みから出てこないので、

    姿を見かける事が少ない野鳥でもありますよ。

     

    こちらはお馴染みシジュウカラ。

    20120326230055.JPG

    高い所からよく通る声でツピツピさえずってました。

     

    もう一羽、可愛いのも撮れました。

    20120326223540.JPG

    ふくふく可愛いエナガ。

    この子達も高い所を忙しなく飛び交ってばかりで

    今日はさっぱりバードバスへ降りて来ませんでした。^^;

     

    そんな感じで野鳥を撮ってると時間はもう午後3時を回っていて、

    日も傾き始めたからそろそろ潮時だなと自宅へ戻りました。

    梅林の梅はもう散ってるかと思ったけどまだ見頃で綺麗でしたし、

    鳥見の方もぼちぼち楽しめてなかなか良い一日でした。^^

     

    …しかし寒かった。^^;;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今朝起きると向かいの家の屋根が白くって思わず寝直したりしてましたが、

    晴れて気温が上がり始めた昼前から広沢池がそばにある

    嵯峨野の歴史的風土特別保存地区へ行って来ました。

    今日は寒いものの春めいた日も出てきたし、

    そろそろヒバリやケリが動き始めてるかな~?ってね。

     

    広沢池に正午前に到着。

    池にはサギ達が暇そうにつっ立っておりました。

    20120227225724.JPG

    コサギ(右)とダイサギ(左…チュウダイサギかな?)。

    餌をとるでも探すでもなくぼーっと。

    共に所謂白鷺なんですが大きさ以外にも体のあちこちに差があったりします。

    でもパッと見て分かるようになるにはそれなりに意識して見ないとダメかな。^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昨日は疲れのためか早起きできず湖北へ行くのを諦めたのですが、

    ちょうどいいかと気になってたセツブンソウの花を見に

    久しぶりに京都府立植物園へ行ってました。

     

    折しも早春の草花展が始まったばかりで

    大芝生広場に設けられた温室内に花が咲き乱れ

    余りに濃い花の香りに酔いそうになりながら撮ってたり。

    20120222230523.JPG

    自宅へ戻ってシャワーを浴びると髪に花の香りが染み付いてたのか

    ぷわ~っと浴室に香りが広がったりして。^^;

     

    ひと足早い春の花を楽しむ。

    20120222230524.JPG

    ネモフィラ(ルリカラクサ)。

    マクロレンズは楽しいね~♪^^

    今回はタムキューと70-200と2倍エクスしか持って行きませんでした。

    マクロも好きだが望遠も大好きなのだ。

     

    昨年よりも広くなった早春の草花展を見終わって少々ヘトヘトになりつつ、

    まだまだ冬枯れ風景が続く植物生態園へ入りセツブンソウを探す。

    20120222230525.JPG

    ありました。^^

    節分の頃に咲くのでセツブンソウと言う名があるのですが

    育つ場所を選ぶ上に乱獲や自生地の環境破壊で数が減り、

    現在においては環境省や各自治体が指定する絶滅危惧種となってます。

    日本固有種という事もありますので大事に守っていきたい植物の一つです。

     

    椿も少々期待してたのですがまだ蕾が多し。

    20120222230526.JPG

    ま、椿は開ききるとすぐに傷んじゃったりしますから

    膨らみきった蕾や開くか開かんかって時が一番綺麗な気もします。

    なによりこの緋乙女の様に真っ赤な品種は

    沈んだ色が多いこの時期によく目立つから見れば気分も浮き立ちます。

     

    そして帰りがけに植物園で暮らすカワセミにも会えました。

    20120222230527.JPG

    鳴きながら元気に飛び回り池に飛び込んでは小魚を捕らえておりました。

    他にも野鳥の姿は見ましたが数自体もとても少なくて

    ヒヨドリやシジュウカラなど年中いる子達しか目に止まりませんでしたね。

    なによりいつもなら地面をチョコチョコ歩いては葉っぱをひっくり返してる

    ツグミの仲間を全く見なかったのは意外でしたし、

    やはり昨日もジョウビタキに会う事ができませんでした。

     

    アルバムはこちらです。

    https://picasaweb.google.com/102080951604983785022/TaqRiI?authuser=0&feat=directlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ移動

    • ページ
    • 1
    • 2

    ユーティリティ

    calendar

    032017/0405
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    archive