エントリー

カテゴリー「写真ネタ」の検索結果は以下のとおりです。

湖北へようやくオオワシが飛来したとのことで

明日も見に行くかな~と一応午前3時起きの用意はしてたんですが、

tenki.jpは朝方は晴れるって予想だけど気象庁は夜明け前から曇りの予想。^^;

先週はtenki.jpの情報を信じて出かけてべったり曇り続きで凹んでましたし

これはやっぱりちょっと無理かなと普通に起きる予定に切り替えてブログなど書いてます。

湖北がもうちょい近かったらな~。^^;;

 

でまぁ12月に入って今日でもう5日、

いつも通りに淡々と日々が過ぎていくんですが

大晦日までの残り日数を数えて若干焦る気持ち…って言うか

不安になるような落ち着かない気分の日々が続いてます。

毎年そうだといえばそうですし、

自営業者ってみんなこんなんかなぁと

手のひらを見て思ったりもするんですが、

そんな気分に飲まれてしまうと商売なんてやってられないから

考えながら頑張るしか無いんですけどね。

それに楽しい事は自ら創出していかねば!なのです。(^O^)/

 

ここ数日撮った写真をば。

20111205233517.JPG

一昨日撮った3階ベランダにあるイロハモミジの鉢植え。

ここは西日が強すぎるせいか昨年までの数年間は

夏の間の日差しで傷みきってまともに色づかなかったのですが、

今年は目を見張るばかりに美しく紅葉してくれました。

 

それでも夏の暑さに負けて全体の1/3程の葉が

秋を待たずに枯れてしまっているんですが、

その分まで色づいてくれたようでとても嬉しいです。

20111205233518.JPG

強い風に煽られて散り始めた葉が積もる株元をアップに。

レンズはEF50mmF1.4USMを使ったんですが

光の回り方やグラデーションの出方が秀逸な素晴らしいレンズです。

空気感まで写るとはよく言ったもんです。

 

昨日の朝撮った、いつもの西向き写真。

20111205233519.JPG

雲が多めで日差しがあるのに雨が降ってくるような

厄介な日ではありましたが空気が完全に入れ替わり、

冬の透き通った風景が見られた日でもありました。

このアングルでは目立つ釈迦堂の大きな木は殆ど落葉し、

天神さん近くのイチョウや山々の紅葉も終盤、

あと一週間は持たず冬枯れの風景へと変わる事でしょう。

この写真はタムロンのA09E(28-75mmF2.8)で撮影、

小さいわ軽いわよう写るわで優秀な万能レンズです。

 

そしてその夜、自室へ戻ると月が綺麗に出てたので撮影。

20111205233520.JPG

いつも通り70-200mmに2倍エクステンダーをかませて400mmで撮ったのを

更に大きくトリミングしております。

昨日の月齢は8.9と少し太り始めたお月様ですが、

こうしてかけている時は影との境い目にあるクレーターの

立体感がよく見えて迫力あります。

ただ月が微妙に垢っぽいのはハムスター撮影用モードのまま…、

つまりWBがストロボのまま撮ってしまったから。^^;

でも雰囲気は悪くなったから、まぁいいやでそのまま。w

 

もう一枚。

20111205233521.JPG

エクステンダーを外しストロボを付けてビワの木と月を。

うーん、でもイマイチ中途半端っぽかったので

ツイッターでは使わなかったのです。(^_^ゞ

 

忙しなくなる一方の季節ではありますが、

折々のモノやコトに触れて

呼吸をするように写真も撮り続けたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10月上旬に湖北へ初飛来したコハクチョウは日毎に数を増やし、

    早崎ビオトープに寝泊まりする数も増えたそうなので

    そろそろ撮りに行こうかと昨日、朝早くから出かけておりました。

    午前2時50分起床、同3時50分に出発、

    名神高速京都東ICから高速に乗って一路東へ、

    途中多賀SAで一休みしてからすぐ先の彦根ICで高速を降りて一般道へ。

    20111129232531.jpg

    SAは結構な数の車で埋まってて、夜中に走ってる人も多いですね~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お盆過ぎ、京都近代美術館へ行った時に撮り始めた

    24枚撮りのネオパンSSをようやく撮りきれたので先日ショップへ現像を依頼し、

    出来上がったので今朝、仕入れの帰りに引き取って来ました。

    24枚現像して540円、前回より100円ほど高い気がするけれど

    この程度でやってくれるならありがたい事です。

     

    で、プリンター部がぶっ壊れてるPM-A850でフィルムスキャンしようとしたら

    度々スキャナーが動いてないってエラーが出まして、

    なかなか時間がかかりましたがなんとか全てPCへ取り込めました。

    最後の方は順調だったのは馴染んできたんでしょうかねぇ。

    でも2400DPI以上では全く正常に動作せず1200DPIを使わざるを得ず、

    やはりちゃんとしたスキャナーを買う必要がありそうです。

    ネット向けならこの解像度でもいいんですが印刷するとなるとね~。^^;

    ま、フィルムは普通に銀塩仕上げしてもらった方が圧倒的に綺麗ですけど。

     

    と言う訳で写真いきます、9枚なのでアルバムは作りません。

    20111126003633.jpg

    京都近代美術館の隣に京都府立図書館がありまして

    なんか木漏れ日落ちる雰囲気のいいベンチと共にパチリ。

    建物を垂直に撮るとベンチの雰囲気が乱れるので

    少し傾けたまま撮りましたが、

    建物絡みの撮影ってほんとに難しいです。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昨日は朝早めに起きまして、

    北野白梅町駅午前8時36分発の嵐電に乗り嵐電嵐山駅で下車、

    清滝行きの京都バスに乗って午前10時前に清滝へ到着。

    昨日の朝は寒かったのでヒートテックを下だけ履いたり、

    上はネルシャツ、フリース、更にエアテックジャケットと着こみ

    電車やバスの中では暑くって着込みすぎたかと思ったけど、

    清滝でバスから降りるとその選択は正解だったと思えるほど寒い。

    ちょっと足りないぐらい。^^;

     

    まぁ歩いてたら暑くもなるかと坂道をつらつら降りて渡猿橋を渡り、

    家々が立ち並ぶ清滝の中心部から清滝川沿いに北へ向かう。

    20111123143219.JPG

    愛宕神社表参道脇にある愛宕山鉄道鋼索線(ケーブルカー)の清滝川駅の跡。

    紅葉の下から更に奥にまっすぐ続いているのがその路線で

    手前の階段状の石が並んでる所におそらくホームがあったのでしょう。

     

    戦中に無くなった嵐山-清滝間の平坦線もこのケーブルカーも

    人出の多さやこの地の風光明媚さを見ると現在あってもおかしくないと思いますし、

    この辺りももっと賑わってた事だろうとも思うのですが…、

    開発が止まったからこそ愛宕山の神秘性が保たれてるような気もするので

    なかなか難しい話だなあとも思います。^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昨日の昼間、業務スーパーへ仕入れに出かけたのですが、

    時間に余裕もあったし紅葉の進み具合でも見に行こうかと

    清滝へと足を伸ばしてました。

    いや、嵐山も見てみたかったけど松尾橋から渡月橋にかけての道が

    びっちり詰まっててどうにもならんって状況でしたので、

    即Uターンして四条通へ戻り太秦を抜けて丸太町通を西へ向かう事に。^^;

    20111121145741.jpg

    市内を走ってると正面に虹が!

    低かったし完全な半円ではなかったけど

    色が濃くて綺麗な虹だったな~。

     

    丸太町通から清滝道へ右折してずんずん進み、

    嵐山高雄パークウェイの入り口を過ぎると左右から木々が迫り、

    左手に鳥居本の紅葉が見えてきます。

    20111121145742.jpg

    その左手に保津峡へ抜ける下六丁峠や化野念仏寺方面へ抜ける道があるんですけど、

    この場所にはお茶屋さんなどが立ち並んでまして

    今の季節は人出が多く大変賑わう所でもあります。

    ここの紅葉も見事ですしなにより車道沿いで楽しめるので

    手軽なのも受けているんでしょう。

     

    断面が馬蹄形のいかにも鉄道トンネルな清滝トンネルを過ぎ

    京都バス清滝停留所を過ぎると、

    急傾斜の道となり気をつけながら下りていくと真っ赤な欄干を持つ清滝橋へ。

    橋の周囲に見事に色づいた紅葉までありまして

    多くのフォトグラファーが三脚を広げて撮影をしておりました。

    そして愛宕山表参道の登り口へ。

    20111121145743.jpg

    こちらの表参道は通称男坂と呼ばれてまして

    登り口から延々と急傾斜の登山道が続きますので、

    登り始めた途端に心が折れそうになります。(笑)

    健脚なら山頂にある愛宕神社まで2時間だそうですが

    私はとってもそんな短時間で登る自信はないです。^^;

    ちなみにこの鳥居は愛宕神社の一の鳥居ではなく、

    鳥居本に大きく立派な一の鳥居がありますよ。

     

    観光客や登山客で賑わう道を気をつけながら進み金鈴橋へ。

    20111121145744.jpg

    金鈴橋から見る紅葉。

    この橋の傍に有料駐車場があるのですが

    二輪車お断りなのでここへ撮りに来る時は

    嵐電と京都バスを使うことが殆どです。

    そしてこの清滝川に沿って道が付けられていまして

    上流へ向かえば空也の滝や月輪寺を経由して愛宕山山頂へ至る道や、

    清滝川をそのまま遡る東海自然歩道を経て高雄へ。

    下流へ向かえば保津峡へと抜けられます。

     

    帰りの上り道で。

    20111121145745.jpg

    もう見頃から落葉盛んへと移り始めている清滝で

    目の前の木々は様々に色づき道は落ち葉だらけと

    晩秋の雰囲気あふれる山道です。

     

    一際鮮やかに。

    20111121145746.jpg

    秋ですね~♪

     

    清滝停留場へ戻り帰りは清滝トンネルを使わずに

    その上を通る試峠(こころみとうげ)へ。

    20111121145747.jpg

    その峠道の途中から清滝を見下ろす。

    この峠の名前の由来は愛宕山に登る人を試みる峠だからとかで、

    確かに短いけれど急傾斜な厳しい峠道です。

     

    そして清滝トンネルを鉄道トンネルらしいと上で書きましたが

    戦前は嵐山からこの清滝へ鉄道(愛宕山鉄道平坦線)が走っていたそうでその名残とか。

    愛宕山にも当時東洋一の長さを誇るケーブルカーやスキー場があったそうですが、

    戦中、平坦線ケーブル共に不要不急の路線とされてレールを持っていかれ、

    戦後復旧計画が立ち上がるも実現せずそのまま廃線となりました。

    愛宕山山中には現在もケーブルカーの路線跡や山上駅等の廃墟が残り

    そういうのが好きな人達によってよく探索されるようです。

     

    帰りに広沢池にも寄りました。

    20111121145748.jpg

    道路沿いの桜にはもう殆ど葉は無く、

    山々も色づき季節風が吹き荒れ、

    ここもまた晩秋の装いを見せていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • そしてまた深夜になってザーザー降ってます。

    もう止むかと思ったんですが今回の気圧の谷は大きいねぇ。

    20111120000045.JPG

    昼間に撮った一枚。

    水玉をメインにしてみたけど…中途半端やね。^^;

    やっぱりツイッターに載せた写真の方が良いかな?

    20111120000046.JPG

    玉ボケでキラキラ感も出てますしね。( ̄ー ̄)

    まぁいずれにせよこう言う写真を撮る時は

    不精せずに三脚に据えろってとこですが。^^;

    位置が微妙だったのと三脚をガタガタやってる内に

    水玉が落ちてしまいそうだったので高感度(ISO1250)で手持ち撮影。^^;;

    高感度が比較的躊躇なく使える時代になったとは言え、

    やはり感度を上げた分だけ仕上がりのクオリティが落ちますから。

     

    そしてハムエサを終えて窓の外を見ると雲が切れて

    微かな夕焼けと青空がチラリ。

    20111120000047.JPG

    どうやら今降ってる雨は朝までには上がり、

    明日はいいお天気になるそうですから

    よく降った分だけスカっと晴れた気持いい日になって欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は穏やかなまさに小春日和な日になりまして、

    明日からは日曜日まで天気がイマイチと天気予報が言ってるから、

    ならばちょこっと撮ってこようかと昼の営業時間を終えてから天神さんへ。

     

    天神さんの行き帰りは自転車に乗りたいし

    A09E一本で撮るからどうやって持って行こうかと数瞬悩み、

    ストラップをタスキ掛けしてカメラを背負うような感じで持って行く事に。

    それだけでも目立ちそうなのに更にSPEEDLITE430EXが付いてるから

    まぁ大層目立つみたいで「うわぁ…」って顔で行き交う人にジロジロ見られながら、

    チャリチャリ漕いですぐに天神さんに到着。^^;;

    でもこの持ち運び方はレンズ一本で撮って回るなら丁度良い感じで、

    自転車も乗りやすかったですよ?

     

    東門から黄葉したイチョウが見えた。

    20111117231934.JPG

    天神さんの梅紋の提灯と合わせて一枚。

    イチョウは大きいだけに色づくと目立つねぇ。

     

    手水所の裏には色づき始めたモミジが。

    20111117231935.JPG

    モミジ(カエデ)の仲間はあれこれあって色づきも様々ですが、

    ここのモミジは毎年見事に真っ赤になりますよ。

    背景順光でまばらな陽射しがモミジに落ちて透過光で輝きと

    撮影をする時間的にもバッチリでした。( ̄ー ̄)v

     

    落葉を待つばかりの梅の葉。

    20111117231936.JPG

    葉の重なりに寄ってとても複雑な色合いを見せるんですが

    この季節はモミジ以外にも身近な植物で梅、桜、柿等々、

    美しく色付く木が多いのでそう言うのを撮るのもまた面白いです。

    モミジもそうなのですが特にこう言う面積の広い葉は日中順光だと

    反射で白く光っちゃいがちなのでC-PLフィルターは必須です。

    でもシチュエーションに寄っては輝く葉が綺麗な場合もあるから、

    場合によってC-PLフィルターを外す手間を惜しまないのも大事ですね。

     

    私はこの辺もあって保護フィルターを使わない派だったりします。

    いい写真が撮りたければ手間を惜しんで保護フィルターの上に

    C-PLフィルターをかけるとかはやめましょう。^^;

     

    落ち葉溜りだ♪

    20111117231937.JPG

    誰かサツマイモをアルミホイルでくるんで持ってきて~!(笑)

    って、私の子供の頃はこの季節にそんな風に焼き芋を作ることが多くって、

    落ち葉溜りとか見ると口の中に芋の味が広がってくるような気がするのです。(^◇^;

    なにせ山間で育ちましたし落ち葉はいくらでも手に入りましたね。

     

    それにちょっと山の中に入ると落葉樹の森が広がってましてね、

    この季節は良い感じの斜面にフッカフカな感じで落ち葉が溜まるんですが、

    何をするかって~と平たくしたダンボール箱を尻の下に敷いて滑るんだよ。w

    いや~メッチャ面白かったけど時々落ち葉に埋まった石とかがあってね、

    そこにゴーン!!と尻を強打したりしてゴロゴロ転がりながら

    痛みに耐えたりする子供時代でもありました。ww

     

    枚数は少ないですがアルバムはこちらです。

    https://picasaweb.google.com/mikitya86/zTSVqC?authuser=0&feat=directlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は起きたのが午前9時過ぎと遅かったのですが、

    午後6時過ぎには夕食も食べ終えちゃったので

    なんだかやたらと夜が長い気がします、まだ10時だ。^^;

     

    で、今日は夕方前からチョット自転車に乗ってこようかと

    午後3時前にはハム達の世話を終えていたんですが、

    外を見るとさっきまでは晴れてたのに西の空にやたらとどんよりした雲が…。

    20111115220414.JPG

    愛宕山の頭をかすめるほど低い雲が北西の風に乗り

    ドンドコこちらへ押し寄せてあっという間に辺りは薄暗く。(; ̄ー ̄A

    その内にパラパラと雨が落ち始めてこれはいかんわと出るのは諦めて、

    空の写真をベランダから撮っておりました。

     

    20111115220413.JPG

    いかにもな冬空なのですがそれだけに雲が複雑にからみ合って面白い。

     

    午後4時を過ぎると次第に西の空が焼け始める。

    20111115220415.JPG

    まるでせめぎ合うように…。

    この時間になると大きな雲はすっかり流れ去って

    また青空が広がり始めたけどもう遅い、日暮れです。^^;

     

    20111115220416.JPG

    冬の到来を告げる空。

     

    20111115220417.JPG

    そして現れた夕日の後光。

     

    空は季節の移り変わりを一足先に告げてくれますが、

    四季それぞれに特徴的な雲が出る日本の空は

    年中見ていても見飽きることが無いです。

     

    そうそう、冬の風物詩であるユリカモメも

    この北風に乗ってやってきたそうです。

    今日は出町柳から高野川沿いに走りながら野鳥を見るつもりでしたので

    行ってたら見られただろうなぁって少し残念ですが、

    冬の間中いますのでまた今度ゆっくり見に撮りに行ってきましょう。( ̄ー ̄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 朝から夕方まで奈良で楽しんで京都へ戻ってきたのが午後6時半過ぎ、

    その時間はちょうど通勤ラッシュの時間でバスはものすごく混むし、

    夕食でも食べて混雑する時間を避け空いたバスで帰ろうかと

    京都駅前のイオンモール京都へ向かいます。

    もうイルミネーションをしてるのも知っていましたからね。( ̄ー ̄)

     

    京都駅南口を出て歩くこと数分でイオンモール京都へ到着、

    あたりの木一体にイルミネーションがきらめき、

    SAKURA館の4階へ上がれる館外大階段にはクリスマスツリーが描かれ、

    LEDによる色とりどりな照明で照らしだされておりました。

    20111111145148.JPG

    階段上って楽しむ人、素通りする人と色々ですが、

    なかなかうまい事を考えたなぁと色とりどりに移り変わる

    階段のツリーを眺めておりました。

     

    イルミネーションきらめくSAKURA館の前を歩いて行くと

    KAEDE館の前に高さ10m程のクリスマスツリーが。

    20111111145145.JPG

    家族連れもサラリーマンも共に見守るクリスマスツリー。

     

    場所を変えてSAKURA館とKAEDE館の渡り廊下から。

    20111111145146.JPG

    燦然ときらめく。

     

    そしてツリーの下から。

    20111111145147.JPG

    星々に包まれるように…。

     

    クリスマスにかこつけて商戦華やかなこの時期ですし

    もう神様の生誕祭って意味合いも薄れちゃってる気がしますが、

    一人で過ごす人も、二人で過ごす人も、

    家族で過ごす人も、仲間で過ごす人も…、

    皆それぞれに幸せが訪れますようにと

    夜空に輝くクリスマスツリーを見てると祈りたくなっちゃいます。

     

    賑やかなクリスマスソングもまたいいですけど、

    聖夜らしく静かに想える曲が好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8日火曜日に正倉院展を観に奈良へ行ったのですが、

    それだけではつまらんかなと今回はレンズやら5D2やらをザックに詰めて持って行き、

    正倉院展を見終わってから春日大社そして若草山三重目へと足を伸ばしました。

     

    奈良と言えば鹿。

    20111111134313.JPG

    道端に座り込んで物欲しそう。^^;

    でもただでさえ厚かましいのに甘い顔見せるとつけあがるんで

    相手しないか遠巻きに被写体にするのがいいって気がします。^^;;

    それと今回思いましたがレンズ交換するのに座り込むと寄ってくるし、

    レンズキャップを欲しがりますので要注意、

    どうやら薄くて丸いものは鹿せんべいに見える模様。(爆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ移動

    ユーティリティ

    calendar

    102017/1112
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    archive