エントリー

カテゴリー「旅の記」の検索結果は以下のとおりです。

午後1時半頃に道の駅てんきてんき丹後を出発、

R178を北上します。

20130417150938.JPG

海岸沿いを進むR178は絶景ルートなのですが、

山手から海岸近くまで国道を挟んで棚田が続いている所もあり、

古き良き日本の風景を楽しみながら走れる道でもあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • と言うわけでここ数年1月になれば撮りに行ってる

    滋賀県は守山市にある第一なぎさ公園へ

    カンザキハナナを撮りに行って来ました。

    最早恒例行事、これを撮らないと一年が始まんない感じ。

     

    でも昨日は強烈に冬型が強まってまして

    北から雲が順番に押し寄せる雨降ったり晴れたりを繰り返す

    いつもながらの天気でなかなか出かけられず、

    Gマジェに乗って家を出たのは午前10時20分頃。

    でも道路に付けられたライブカメラを見ると

    今津の方まで道路に雪が積もってそうもないので、

    山科から西大津バイパス、湖西道路経由で真野まで向かい、

    琵琶湖大橋を渡ると時間は午前11時過ぎ。

    真野ICの手前からは雪が降ってて「ヤメテー」とか叫んでましたが。(笑)

    やはり冬の湖西道路は油断ならない。 

     

    時間も昼に近い上に天気もアレなので近江ちゃんぽんの店で

    先にお昼を済ませ、第一なぎさ公園に着いたのが午後1時前。

    ここも相変わらず雪が降ったり晴れたりの繰り返しでしたが

    それはもう覚悟の上なのでガシガシ撮って行きます。

     

    今年も綺麗に咲いてるな~。

    20130116184223.JPG

    今年は寒いしあんまり咲いてないかも…とか思ってましたが杞憂に終わり、

    春かと見紛うばかりの咲きっぷり。

    でも比良山には低く雲が垂れ込めてて見えんな~。

    20130116184224.JPG

    カンザキハナナは1月中旬から2月中旬頃が見頃ですが、

    やはり咲き始めの今は傷んでる花が殆どなくて写真向きです。(*^^)v

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は天気が良くなり寒さもそれほどでもなかったので、

    撮影がてら今宮神社から大徳寺、

    つい最近知った玄武神社と紫野を散歩してきました。

     

    今回は5D2とEOS-1Nを一緒に持っていくので

    バスに乗って今宮神社の最寄り停留所で降りる。

    20130104001311.jpg

    一日乗車券を買うとこれが京都水族館バージョンで、

    しかもこれが京都水族館の入場料割引券にもなってるようでした。

    京都の観光は市バスや嵐電、地下鉄の一日乗車券を買うのが

    結局は一番早く楽に見て回れる方法ですよ~。

     

    いつも目立つ丹塗りの楼門に近づくと

    足元に可愛らしい大絵馬が。

    20130104001312.JPG

    神社はあちこちで年の初めに干支の大絵馬があがりますが、

    なんとも可愛らしい白蛇さんです。^^

    20130104001313.JPG

    楼門には大きな破魔矢が飾られいかにも正月って感じです。

     

    そして拝殿前は例のごとく行列が。

    20130104001314.JPG

    まだ三日ですからこんなもんでしょう。(^^ゞ

     

    それにしてもいい空だ。

    20130104001315.JPG

    午前中はなんだか冬というより秋っぽさも感じる空でした。

    でもこの透き通った青色は冬の色だ。

     

    参道の掲示板にはこんな可愛い龍がいました。

    20130104010442.JPG

    多分、近くの小学校か保育園の子供達が作ったんでしょうけど、

    龍に見える木を選んでくるのも大変だったやろうねぇ。

     

     

    今宮神社を後にして隣接する大徳寺の境内へ。

    20130104001316.JPG

    影模様が美しかった鐘楼。

    そんなに大きな鐘ではなかったけれど

    その音を一度聴きに来てみたいな。

     

    威圧感すら感じる法堂。

    20130104001317.JPG

    大徳寺のお堂は応仁の乱で焼けたものが多いですが、

    その後に再建され七堂伽藍が完備する貴重なお寺です。

    一休和尚や千利休とも縁が深いお寺ですね。

     

    仏堂の傍に南天が。

    20130104001318.JPG

    唯一つ色を添えていた南天が印象的でした。

    仏堂は応仁の乱で焼けて後、一休和尚が再建しましたが、

    1665年に更に再建されているそうです。

     

    千体地蔵塚にて。

    20130104001319.JPG

    地蔵菩薩は庶民の間でよく信仰されますが、京都は特にですね。

     

    大徳寺三門。

    20130104001320.JPG

    唐風であった本来の三門の上に千利休が「金毛閣」をこしらえ、

    そこに自らの像を置いて秀吉の怒りを買い、

    自害する事になった話はとても有名ですね。

    京都の古い建物にはまるで地層の様にその時代毎の話が詰まっていて

    調べれば調べるほど面白いですよ。

     

    大徳寺を出ると時間はお昼すぎ、

    流石にちょっとお腹が空いたなとたこ焼き屋さんをググってみると、

    わりと近くに好評なお店があったので北大路堀川を北へ向う。

    わりとすぐに「ジャンボたこ焼き」の看板を見つけまして、

    一皿7個(400円)を求め、来た道を取って返し玄武神社へ向かう。

    どっか食べるのに都合のいい所はないかなと探しながら

    玄武神社へ着いちゃったのですが、

    登り口の左右にある灯篭の裏に丁度座るのに良い所を見つけ、

    たこ焼きの封を解いて衆人環視の中食べてました。(笑)

    20130104003700.jpg

    これが1個直径4cm程もある大きなたこ焼きで

    中に入ってるタコもまた大きかったのですが、

    よほど煮方が上手いのかとても柔らかく煮てあって食べやすく、

    実に美味しいたこ焼きでありました。

    400円では安過ぎるぐらいの出来ですよ?コレ。

     

    玄武神社は文徳天皇の皇子、惟喬親王を祀った神社ですが、

    後に平安京北面を守護する社とされたそうで、

    それぞれの方角を守る四神が一つ、

    北を守る玄武の名が付けられているそうです。

    20130104001321.JPG

    絵馬もこの通り玄武の絵が。

    玄武は蛇が巻き付いて描かれるのですが、

    それ故に今年は人気があるのかそれとも正月だからか、

    街の中にあるこじんまりとした神社の割りには

    車で来る参拝者が途切れることがありませんでした。

    20130104001322.JPG

    京都市内もこうしたこじんまりした神社は探せばいくらでもあるでしょうし、

    そういう所を巡るのもまた楽しそうです。

     

    朝10時頃から午後2時過ぎまでブラブラ歩きながら撮ってたのですが、

    EOS-1Nに入れていた24枚撮りのトライXを撮り切ることが出来ました。

    20130104003702.jpg

    もう一本一緒に買ったのでそれも撮りきってから

    一緒に現像に出したいな~と思ってますが、

    次に撮りに行ける機会がなかなかないのなら

    とりあえずこの1本を先に現像に出してもいいかな。

     

    久しぶりにEOS-1Nで撮ってましたが、

    やはりAFでオートワインダーが付いたカメラは

    テンポ良く撮ることができますね。

    露出に関してもネガやモノクロを使ってる内は

    ほぼお任せで問題ないでしょうし。^^;

    20130104003701.jpg

    最後まで撮るとオートリワインドされてフィルムマークだけが点滅し、

    電源が入っててもフィルムを交換しない内は撮影不能となります。

    間違えて撮り続けるって心配がなくていいです。

     

    …それにしても僕のEOS-1Nのアイカップはどこ行っちゃったんでしょう?(笑)

    すでに緩んでたんで気を付けてたのですがどっかで落としちゃったようです。

    で、今アマゾンでググると商品があったのでポチっておきました。(^^ゞ

    でも残り1個だったから発送確認があるまでドキドキだ。(笑)

     

    一旦自宅へ戻ってから暁魅の世話をしまして、

    夕方からは雪がちらつく中、京都ヨドバシへ行ってました。

    20130104003703.jpg

    もちろんカメラは自宅に置いて空身でね。^^^;

    一旦自宅へ戻ったのは暁魅の世話の事もあったけど、

    そこそこ大きなザックを背負いながら、

    商品を見て回るのがヤだったから。(^◇^;

     

    消耗品程度で大したものは買ってませんが、

    コダックのEktar100って言う高画質ネガフィルム(36枚撮り)を1本買ったので、

    梅が咲き揃う頃にでもコレを入れて撮りに行こうかと思ってます。( ̄ー ̄)

     

    アルバムはこちらです。

    https://picasaweb.google.com/102080951604983785022/YRPUSG?authuser=0&feat=directlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昨日火曜日、防寒装備を固めまして

    イルミネーションの撮影に出かけておりました。

    先ずは大津市は柳が崎にあるびわ湖大津館が行なっている

    湖畔公園のイルミネーションを見に行って来ました。

    20121213012022.JPG

    京阪大津線の皇子山駅で下りて歩くこと15分ほどで到着。

    メッチャ綺麗だけど人が全然いないんですけど。^^;

     

    20121213012023.JPG

    光のトンネルは幻想的。

     

    20121213012024.JPG

    今回は17-40と70-200で撮ってました。

     

    20121213012025.JPG

    イルミネーションの向こうには琵琶湖、そして大津の夜景が。

    こう言う広々とした感じは琵琶湖がある滋賀県ならではですね。

     

    20121213012026.JPG

    イルミネーションに照らされて妖しさ増した白薔薇。

     

    20121213012027.JPG

    光の道を散策するスノーマン…なんてね。(^◇^;

     

    1時間ほどびわ湖大津館の前で写真を撮っていましたが、

    私が帰り支度を始めた午後7時ぐらいには随分と人が増えて、

    少し遅目の方が賑わうのかもしれませんね。

     

    京都への帰りはJR湖西線の大津京駅から電車に乗り、

    クリスマスイルミネーションで飾られた京都駅に寄って帰ります。

    20121213012028.JPG

    エスカレーターから見上げるクリスマスツリーってのは

    京都のクリスマス時期の定番となりましたね。

     

    20121213012029.JPG

    駅ビル内の大空間を照らす立派なツリー。

    京都タワーもちょこっとね。^^;

     

    20121213012030.JPG

    今年は大きなクリスマスツリー以上に目立ってたのが

    大階段に設置されたLEDイルミネーション。

    次々とダイナミックに絵が移り変わっていって

    話に聞いてた以上の素晴らしさに呆気に取られて見てました。

    スマホで撮影した物ですが雰囲気が伝われば幸い。

    京都駅ビルのクリスマスイルミネーションは12月25日まで行われているので、

    行けそうならぜひ行ってみるといいですよ~。

     

    それと動画はただ今アップロード中でようやく40%ですので、

    暫しお待ちになるか翌朝にでも改めてご覧くださいまし。(^^ゞ

     

    アルバムはこちらです。

    https://picasaweb.google.com/102080951604983785022/BzBmtG?authuser=0&feat=directlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20日の火曜日はまだ行ったことがない

    西山の社寺へいこうかと思っていたんですが、

    朝起きたらもうめっちゃ曇ってるし。(つд`;) 

    これは降ってくるんじゃないか?と思いつつ朝食を食べ、

    こんな天気が悪いなら大原野神社周辺へ行こうかとバイクで走り始める。

     

    すると西へ向かうごとに晴れ間が多くなってきたので

    これは遠景も結構綺麗に見えそうだと、

    大原野の南端にある善峯寺へ向かう事にしたのでした。

    20121122143719.JPG

    善峯寺の駐車場に着いたのが午前11時頃で

    その頃には大きく青空が広がり

    見頃を迎えたカエデが日を浴びて見事な姿を見せていました。

     

    500円の拝観料を納め標高300m付近に100mほどの高度差を持ち

    3万坪もの広さがある境内全体が庭園として作られている

    善峯寺の境内を地図の案内通りに歩いて行く。

    20121122143720.JPG

    多宝塔や経堂の前には40mもの枝を伸ばす遊龍の松があり、

    色づいた木々と絶妙な取り合わせを見せてくれておりました。

    以前は54mあったそうなのですが松くい虫の害に遭い

    平成6年に15mほど切られて現在の長さになっているとか。

    樹齢600年の五葉松は実に見事で

    コレを見に来るだけでも価値がありますよ。

     

    開山堂の近くで京都盆地をはるかに眺めたりしながら登って行くと、

    境内の中ほどにカエデに包まれた釈迦堂が見えてきます。

    20121122143721.JPG

    お堂は明治18年建立と歴史はそれほどでもないですが

    祀られている本尊石仏釈迦如来は明治初年まで

    この場所から2km離れた釈迦岳(630m)に安置されていたものを

    明治13年にこのお堂に下山を乞うたとか。

    釈迦如来像は印を切っている姿が普通なのですが

    ここの石仏釈迦如来は日本でここだけと言う合掌姿で、

    間近でお参りすることもでき、より身近に感じることが出来ました。

     

    釈迦堂から稲荷社を経て奥の院である薬師堂へ向かう。

    20121122143722.JPG

    まさに山寺の風情をたたえたお堂です。

     

    薬師堂からの眺めは本当に素晴らしいの一言。

    20121122143723.JPG

    右手前は休憩所にもなっているけいしょう殿で

    合掌姿の桂昌院像が祀られていますよ。

    京都市全域はもちろんはるか南方も見渡せて

    この見晴らしの良さは正面に見える比叡山山頂からと双璧をなすものでしょう。

    乾いた空気を持った移動性高気圧に覆われた時は

    更に凄まじい見晴らしが得られそうでそういう時にまた来てみたいですね。

    もちろん雪に覆われる頃や桜の頃にも。

     

    青蓮院の宮御廟を巡って山を降りていく。

    20121122143724.JPG

    錦に染まる境内と山並みの向こうに大阪北部地域が。

    京都西山と言われる地域ですが住所は京都市西京区大原野ですが

    山を普通に降りていけば向日市、南隣の長岡京市とも隣接してますから

    ここは京都市の南の外れですね。

     

    阿弥陀堂に隣接する大書院の間において

    「善峯寺に集う作家たち展」が開かれていたので、

    中に入って作品を鑑賞しつつゆっくりさせてもらう。

    20121122143725.JPG

    大書院からの風景。

    眼前に迫る屏風山の紅葉が見事で

    建築家の心意気みたいなものも感じられる所でした。

     

    命を燃やし尽くすよう。

    20121122143726.JPG

    これだけ真っ赤な紅葉というのも久しぶりに見た気がしますが、

    善峯寺は真っ赤になるカエデが多いようですね。

    昼を境にぐるりと回って来ましたがとても有意義な善峯寺参りでした。

    ただ案内の用紙に描かれた地図には境内を40分出回れると書いてありますが、

    私は3時間掛けて撮り回ってた上にお昼もまだだったので、

    もうクタクタになっちゃいましたよ。(^◇^;

     

    アルバムはこちらです。

    https://picasaweb.google.com/102080951604983785022/IoAplJ?authuser=0&feat=directlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は昼から天気が悪くなりそうという予報だったので

    京都市内のお寺の庭園でも見に行こうかと探していると、

    わりとすぐ近くにいいお寺がある。

    足の便が悪く主たる観光ルートから外れてるそうですが

    比叡山を借景にしたお庭が実に見事だそうなので

    ゆっくりしに行くにはちょうどいいだろうと午前9時過ぎにバイクで自宅を出る。

    千本通から北山通へ入って紫竹西通を北へ走り詰め、

    自宅から10分余りで目的の正伝寺の駐車場に到着。

    20121113203110.JPG

    正式には吉祥山正伝護国禅寺と言い、

    最初は1268年、東巌慧安(とうがんえあん)が

    烏丸今出川辺りに開山したのが始めだそうで、

    比叡山の衆徒に破却されるも1282年にこの地で再興されたとか。

    室町時代に天皇家や将軍家の帰依を受けるものの応仁の乱で衰退し、

    その後、豊臣秀吉や徳川家康の援助を受けて復興を果たしたとか。

    京都のお寺は波瀾万丈な歴史を持つ所が少なくないのですが

    ここままた凄まじい歴史を持っていますね。

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10月30日の火曜日に今年も行って来ました正倉院展。

    20121102205011.JPG

    今年も見応えあるものばかりで楽しかった。(^^)v

     

    正倉院展を昼頃に観終わり昼食を食べてから

    奈良公園をぶらぶらしつつ新薬師寺の方へ行って来ました。

    20121102205012.JPG

    なんかくれんかな~と通行人を見てる鹿たち。

    何も持ってなくてもバッグやポケットをがさがさしてると寄ってくるし、

    座ってるだけで肩をトントンと叩いてくるので油断大敵です。^^;

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22日の月曜日、天気が良かったのでコハクチョウの飛来数が増えている

    湖北へ行ってみようかと午前9時過ぎに自宅を出発。

    ホントはもっと早く出るつもりだったけど起きれなかったのだ。(笑)

     

    ちょうど1時間ほどの距離にある道の駅藤樹の里あどがわで一服し、

    午前11時半過ぎに木ノ本を抜けて湖北に入る。

    湖西周りだと丁度100kmで2時間の距離、

    高速込みの湖東周りより10km以上短くて有料道路なしと

    雪がない時期は湖西を走るに限ります。

    湖西はもうバイパス整備が凄まじい勢いで進んでますからね。

     

    着いてみると野田沼の近くの琵琶湖岸に十数羽のコハクチョウがいて、

    でっかい白レンズを付けたカメラを構えてる人が数人。

    すぐに止まろうかと思ったけど早崎ビオトープも気になるので

    道の駅湖北みずどりステーションを通りすぎて早崎へ。

    でも、カモしかいなかったのですぐに取って返し

    野田沼に隣接する公園の駐車場にGマジェを停めて、

    私も三脚を立てて白レンズ群の仲間入り。

    でもエクステンダー付きでも70-200はちっちぇーよ。^^;

    隣はロクヨンとかサンニッパとかそんなんです。^^;;

    20121025004948.JPG

    こんな感じで沖合10m前後の所に列をなして食事していたコハクチョウ。

    20121025004949.JPG

    ちゃぷちゃぷ泳いでは逆立ちして水草を食べる、見てて可愛い。^^

    周囲にいる茶色っぽいカモはヒドリガモなようで

    オスがエクリプスと言われるメスに似た地味な羽色から

    目立つ冬羽へと変化している最中でした。

    20121025004950.JPG

    公園の木々も秋色へと変わっておりました。

     

    小1時間ほどコハクチョウを双眼鏡で眺めたり撮ったりしてから

    湖北みずどりステーションへ移動して昼食の後、

    いわゆるセンター前と言われる場所で鳥見開始。

    オオヒシクイが渡ってきてるはずだけど

    よくいる木が茂ってる小島にはいないし湖面にもおらず、

    どこにいるんだろうと探してたら少し沖に離れた砂州で休んでました。

    20121025004951.JPG

    突然、多くのカモが飛び立って何事かと腰を上げたオオヒシクイ。

    でもまたすぐに寝ちゃいましたけどね。

    20121025004952.JPG

    違う場所から。

    夕方前まで見ていても特に動く気配はなく殆ど寝ていて、

    エサのヒシを食べてる所はまた今度だなと午後3時過ぎに鳥見終了。

    日の入りを待っても良かったけど雲がどんどん増えてたし、

    疲れもあったんで早めに帰りたいと。(^^ゞ

     

    湖北の風景、陸上編。

    20121025004954.JPG

    刈り取られた田んぼの先にオオワシが渡ってくるおなじみの山本山、

    画面中央遠くに日本百名山の一つである伊吹山が堂々と聳え、

    湖北は陸側の風景もいいなぁとしみじみ。

    次来る時は伊吹山が白くなってるかな?

     

    湖北の風景、琵琶湖編。

    20121025004953.JPG

    中央に竹生島、右手に葛籠尾崎とそれを囲む広大な琵琶湖。

    この風景を見るとなんか帰ってきたって気がする今日この頃です。

     

    そして湖北は夕焼けの名所。

    特に晩秋から冬にかけては素晴らしい夕焼けが見られるので、

    それもまた撮りに来ましょうかね。

    20121025013649.JPG

    うろこ雲のモコモコ感も凄かった。 

     

    午後3時半過ぎに湖北みずどりステーションを出て

    同じように藤樹の里あどがわで仮眠込のゆっくり目の休憩、

    起きてから道の駅併設のサンクスで肉まんを買って

    体を暖めつつエネルギー補給、

    午後6時半に無事自宅へと戻って来ました。

    走行距離は220km足らずだったっけな?

    前週に236kmとか走ってますからもう十分に走りすぎ、

    リヤタイヤのスリップサインも出ようってもんです。^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 赤目四十八滝へ至る道を半分ほど戻り、

    途中で分岐する県道784号を抜けて40分ほどで

    曽爾高原の駐車場に到着。

    地図で見たら山越えでぐにゃぐにゃだから

    県道784号はどれだけひどい道なんだろうと進むと、

    案外と走りやすい峠道でありました。^^;

    途中で赤目四十八滝からの登山道も交わり、

    お茶屋と入山ゲートも設けられてますよ。

     

    その地点からさらに山越えすると香落渓へ到達しそこにバス停があるそうなのですが、

    夏で午後3時以降、冬だと午後2時以降は日暮れになって危険だから

    引き返せとなってたので、結構山深い登山道なんでしょうね。

     

    前回曽爾高原に来たのは4年前だったか5年前だったか、

    その時は確かKissDXで撮ってたのでそれぐらいでしょう。

    けど保存されてる所だけあって風景は殆ど変わらず相変わらず良い所だなぁと。

    良い所だとわかってて来ないのは純粋に遠いからなんですが…。^^;

    20121021125907.JPG

    日暮れが早い時期になって来ましたけど

    午後4時ぐらいではまだまだ綺麗な青空が。

    この日は本当に一日いい天気でありました。

     

    ススキ野原の中に続く遊歩道。

    20121021125908.JPG

    目の前の山は二本ボソでその先に倶留曽山がありますよ。

     

    前回来た時は亀山にも登ったな~。

    20121021125909.JPG

    登るのにそれほど時間がかかるわけでもないし

    亀山からの眺めはそれはもう素晴らしんですが今回は登りません。(^^ゞ

     

    夕焼けポイントに陣取って日が落ちてくるのを待つ。

    20121021125910.JPG

    まだ穂先が硬いままかと思いましたが、

    流石は標高が高くて涼しいからか殆ど穂が開いてましたね。

     

    日暮れ間近のベストタイム。

    20121021125911.JPG

    やはりここの風景は近畿屈指の風景ですな。

    右上に見える兜岳と兜岩がまた良い感じです。

     

    日が暮れきったしそろそろ帰ろう。

    20121021125912.JPG

    遊歩道脇の灯明にも明かりが灯り始めてました。

    この灯明と合わせて夜の写真も面白そうだったけど、

    この場所から帰るのにゆうに3時間はかかるし

    もうこの日は朝から動いてて疲れてたのでさっさと帰ることに。^^;;

     

    午後6時前に駐車場へ戻り麓へ降りるとすっかり真っ暗で

    県道81号からR369へ入って北上していったのですが、

    途中で道を間違えR165を西へ走ってて気づけば桜井市に入ってたり。(笑)

    ないわー、とか思いながらも仕方ないので

    中和幹線からR169へ合流してひたすら北上、

    京都市内に帰ってからココイチで夕食をとり

    自宅に戻ったのが午後9時半過ぎとなりました。

     

    走行距離が236kmで行動時間が14時間と

    まぁ久しぶりによく走ったしよく動きましたが、

    赤目四十八滝も曽爾高原も良かったし

    いい写真も撮れて存分に楽しんでこれた一日でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 綺麗だ素晴らしいとよく聞く三重県は名張市にある

    赤目四十八滝へ今年は紅葉でも撮りに行こうかと思ってたので、

    その前にどんな所か見とこうかとコンデジ片手にロケハンしてきました。

    うん、ぶっつけ本番で行っていい写真なんて撮れないですからね。

     

    いつも通りに京奈和道の木津ICから県道、そしてR369のR169と入ろうとしたら

    なぜか勢いでR24に降りちゃったので奈良市内のどまんなかを通ってR169へ。^^;

     

    いいんだよ、リカバリー能力が優れてれば道間違っても。(笑)

     

    天理から名阪国道に乗って針ICで降り道の駅針テラスで一服、

    ここまでかかったのが2時間とまあまあのペース。

    20121019140201.jpg

    平日だというのに駐輪スペースにはバイクがいっぱい。

    そしてバイクを取り囲んでなんか喋ってるってのは

    ライダーの特徴的な行動でしょうね~。

    ま、私は館内に入り優雅にブレンドコーヒーとドーナツで

    一服してましたが。(笑)

     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ移動

    • ページ
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4

    ユーティリティ

    calendar

    082018/0910
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    archive