エントリー

8月17日金曜日、午前3時50分に起床。

外はまだ暗く東の空には冬の星座であるオリオンが上がってきてる。

20120819223159.JPG

顔洗いとトイレを済ませ自販機で買った100%りんごジュースと

昨日買った4本100円のバナナを1本を腹に放り込んでから、

あまりに綺麗な星空を撮ってたんですが、

とった写真を見てびっくりもうだいぶ薄明が進んでるぞ~。

肉眼では殆ど感じ取れないほどの明るさでも写真は正直、

これはイカンと大慌てで用意して橋杭岩へと向かうことに。^^;

 

 

しかし他のキャンプ地ではこんな時間だとまだ周りはぐっすりってパターンが多いけど

ここは起きて動いてる人が多くて星や日の出を目当てで来てる人がとても多そうでした。

 

4時40分頃にすぐ近くにある橋杭岩へ着いたんですが、

走ってる10分ほどの間にも周囲の明るさがどんどん増していって、

太陽が出るはるか前から大気に光が満ちていくかのようなこの日の出前の時間、

朝のマジックタイムのダイナミックな変化は何度見ても感動します。

まだ太陽は水平線下。

20120819223200.JPG

しかし闇を圧して秒ごとに光は強く広がっていく。

 

朝の茜雲、日の出10分前。

20120819223201.JPG

夕方と同じく秒ごとに色合いが変わっていくので

写真を撮る人間にとってはとても忙しい時間。

水平線近くの空がいよいよ赤く染まり日の出が近いことを教えてくれます。

 

水平線上に雲があって日の出時間より少し過ぎた頃に

ようやく太陽が顔を見せてくれました。

20120819223202.JPG

なんとも綺麗で幻想的な夜明けでありました。

季節的にどうかなと少し心配していたのですが

ちょうど良かったみたいです。

 

グングンと高度を増し輝きを強める太陽。

20120819223203.JPG

橋杭岩に輝いて。

ここまで登ると日差しが熱く感じるようになって

太陽の力の凄さを実感できますよ。

 

朝日を浴びる橋杭岩。

20120819223204.JPG

しかし何度見ても面白い造形。

この日は日の出前後に満潮を過ぎたようで

徐々に海の水が引いていました。

大潮の時など完全に引けば橋杭岩の周りに降りられますね~。

護岸から海面を見ると魚が沢山泳いでたけど

クサフグばっかだったような気がする。(^◇^;

 

午前6時頃にキャンプ場へ戻り、

紅茶を淹れて昨日買ったジャムパンと粗挽きソーセージパンで朝食を。

流石にジュースとバナナ1本では体が持たないですからね。^^;

20120819223205.JPG

ゆっくりと朝の時間を楽しんだ後に撤収を始め、

午後8時過ぎに荷物をGマジェに積み込んで撤収完了。

すっかりお日様が上がってからの作業だったので

朝っぱらから大汗を掻く事になったけど、

望楼の芝のあまりに清々しい風景を見てると

急いで走り去るのがもったいないって気もしてきます。

 

前日の走行で汚れたヘルメットのシールドとメガネを洗って綺麗にし、

午前9時を過ぎて店が開き始めたスカイタワー横の売店にある自販機で

500mlのスポーツドリンクを買って一気に飲み干す。

一息入れた午前9時過ぎに潮岬を発ちR42を田辺、白浜方面へ向けて走りだす。

 

帰りの道中はR42をみなべまで向かい、

みなべでR424へ入りR425、R371と走りついで龍神温泉へ。

道の駅龍神でキジ丼を食べ終わるとみなべ辺りから見えていた

入道雲がゴロゴロ言い始め、龍神スカイラインに入って

一つ目の峠の前からバラバラ降りだす。^^;

峠を越えると一旦止むも護摩壇山への登りにかかると

輪をかけて凄まじい雨と雷が~。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

 

見に来権を覚えつつも走ってた方がマシなので

頑張って登りきり午後3時にごまさんスカイタワーへ。

そこで30分ほど雨宿りをしてたけど一向に止まない雨、

でも少し小ぶりにはなったので3時半にスカイタワー駐車場を出発、

雨なんて全く降ってなさそうな高野山の駐車場に着いたら午後4時半、

合羽を脱いでぐしょぐしょに濡れたメッシュグローブを絞ったりしつつ、

午後5時前に根本大塔がある大伽藍へと足を進める。

20120819223206.JPG

蛇腹道を進み境内の奥へ、夕日が眩しい。

 

金堂から白い塔を見る。

20120819223207.JPG

こうして中を歩くのは2度めですが趣きのある場所です。

 

金堂傍の燈籠群。

20120819223208.JPG

灯りが点けられると幻想的な光景になりそう。

 

根本大塔。

20120819223209.JPG

単に大塔とも呼ばれる見事な朱塗りの塔、

高野山の壇上伽藍を象徴する建物の一つですね。

20120819223210.JPG

夕日を浴びてなお美しく。

 

帰り道、金剛峯寺境内外にあった碑を撮る。

20120819223211.JPG

丁目石…でしょうか?

おそらく古来よりここにあったのでしょうし、

苦労して登ってきたその当時の人々はこの石を

どの様な気持ちで見つめただろうと少し想像の翼を広げながら撮ってたり。

こういうなんでもなさそうなものが案外と一番好きだったり。^^;

 

金剛峯寺前の駐車場へ戻ると時間は午後5時半。

遅くなっちまったな~、でも見たいところは見れたしいいかと

高野山から橋本へ向けてR480→R370とたどって下っていく。

橋本からは京奈和道路に乗って五條北までひとっ飛び、

そこから先はR24を辿って淡々と北上、眠かった。^^;

京奈道路を出てしばらくするとポツポツと雨が降り始めたので

一度はしまった合羽を再び着込んで走って行くと、

久御山あたりでエライ土砂降り。

でも京都市内に入り十条通に至るまでに雨は上がって、

午後9時半頃に無事に自宅へ戻って来ました。

 

ハッキリ言って先月末に行ってきた信州行よりも疲れてしまって、

翌日、翌々日と残る盆休みはほぼ寝て過ごすことになったけど、

気になってた所や見たいものは見られた、とても楽しい旅でありました。^^

 

ツーリング要素の強いロードサイド編は暫し待て。(^_^ゞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページ移動

    トラックバック

    • トラックバックはまだありません。

    トラックバックURL

    http://sizentai.skr.jp/index.php/trackback/617

    コメント

    • コメントはまだありません。

    コメント登録

    • コメントを入力してください。
    登録フォーム
    名前
    メールアドレス
    URL
    コメント
    閲覧制限

    投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)

    ユーティリティ

    calendar

    052018/0607
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    archive